だれでも知っておくべきオフショア開発に関する5つの根本的なこと

だれでも知っておくべきオフショア開発に関する5つの根本的なこと

従来からオフショア開発に関する内容のある記事が多いでしょう。記事によっては異なる目線から読み手にオフショア開発について紹介してきました。一方、調べてみると、ほとんどの記事はオフショア開発のメッリトとデメリット、課題、動向やオフショア開発における失敗原因といった別項目に細かく分けて分析しがちです。そのため、今回の記事ではオフショア開発の分野で活動している会社の目線としてより新たな視点に基づいて、オフショア開発の願望がある際の理解する必要な知識を総括的にまとめ、説明させていただきます。弊社の記事は読み手に役立つ参考資料になれることを期待しております。 

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の調査結果によると、現在の時点でおよそ45,6%の日系企業はオフショア開発形式で案件を行っているということです。この十数年前に、オフショア開発を実施する企業はほとんど大手企業だが、現在多くの中小企業もオフショア開発形式を選択し、案件を実施するようになりました。

オフショア開発を成功に実施させるために、言うまでもなく、様々な要素が必要だと認識できるでしょう。しかも、何かのことを着手する前に、そもそもの本質を把握できるのは極めて大事なことです。そこで、オフショア開発を実施する前に、オフショア開発の特徴、性質やイメージなどをはっきりと理解できるのは必要不可欠なことだと思われています。本記事でこのような知識を総括的に言及したいです。まずはオフショア開発の概念です。

オフショア開発とは?

オフショア開発という概念は近年多くの企業に対して身近なものになったはずでしょう。オフショア開発を陸地から海に吹く新たな風に例えれば、ビジネス分野でこれは海外市場への進出という意味です。簡単に言えば、オフショア開発とは海外でシステム開発を行うことを言います。情報技術分野でオフショア開発というものは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、また今流行りのスマホアプリ開発、Facebookアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことです。現在、欧米企業のオフショア開発というと、東欧や南米といったオフショア開発の地域としては注目を集めています。一方、日本企業のオフショア開発と言えば、やはりアジアで案件実施することが圧倒的に占めていることが明らかになりました。

ところで、どうして受託開発形式、海外における会社創立などの他の開発形式を選ばずに、オフショア開発を選択し、実施すべきでしょうか。当然、理由があるわけです。そのため、これから、日本企業が直面しているかもしれない困難、悩みの分析結果を踏まえて、以下のように最も根本的な理由をご説明致します。オフショア開発のメリットについての納得を通じて、多くの人に従来から考え、決めつけられているネガティブなイメージをある程度薄められることを心より期待しております。

日本企業が抱えている問題、悩みとともにオフショア開発形式を選択すべき理由

日本企業が抱えている問題、悩み

人材不足

現在、日本の少子高齢化速度が進んでいる背景の中で、IT人材をはじめ、人材不足状況が深刻になってきます。日本の経済産業省による調査では2015年の時点で17万人の人材不足となっています。2030年まで、人材不足の規模が約40から80万人になると予測されております。一方、医学、教育などの他の分野においても情報技術導入を促進している傾向があります。人材不足なので、ITエンジニアをはじめ、エンジニア採用における競争が一段と激烈になるはずです。つまり、近い将来、日本会社のエンジニア採用が様々な困難に直面すると見込みです。対策は急務となっています。そのため、多くの企業がオフショア開発形式で外国人労働者に向かうのはますます注目を浴びています。

コストにおける問題

コスト削減がなかなか実現できないのは中小企業をはじめ、多くの日本企業が悩んでいる問題と言えるでしょう。オフショア開発単価の人件費の単純比較では、日本がもっとも高く、次いで中国、インド、ベトナム、フィリピン、ミャンマーと続きます。具体的な数字を挙げると日本の場合、開発要員6人として6ヶ月で2,880万円、中国だと同規模で1,080万円ぐらいという数字があります。ベトナムでもっと安いです。言い換えると、日本が一番高いということになります。どの国に開発を依頼するにしろ、日本よりはるかに安いことは一目瞭然です。高騰してくる日本人エンジニアの人件費によって、案件のコストを抑えることがさらに難しくなるわけです。一方、景気が引き続き不安定な状態になる背景でほとんどの会社のコスト競争がますます激しくなります。それで、打開策として、人件が安く、豊富な人材があるエリア、地域を探すのは共通傾向になったと言えます。

案件開発に関する問題

・アプリやシステム開発における願望、アイデアがありますが、ソフトウェア開発の経験がありません。

・システムに新たなテクノロジーを導入する願望がありますが、どこから進めば効率性を確保できるか把握できません。

・中小企業やスタートアップをはじめ、多くの会社は一日も早く製品を開発したがります。しかし、ソフトウェア開発、システム開発における経験が不十分なので、どのように開発案件を展開し、実施するのかはっきり把握しない状況に直面しているでしょう。

時間削減

素早く海外の市場に進出する願望がありますが、進出したい国の行政手続きや複雑な法理的手続きにおける問題を抱えるはずでしょう。

上記は日本社会経済情勢の分析に基づくまとめられる日本企業が抱えているかもしれない大きいな4つの課題です。それでは、現在、お客様の貴社は上記のような悩みを抱えていませんか。こんなに悩みがある場合は、オフショア開発形式を考慮に入れるべきだと考えられています。なぜかと言うと、オフショア開発案件を徹底的に実施できる場合は上記のような困難をある程度打開できるはずだと言われています。実際に成功事例がかなり多いのではないでしょうか。

オフショア開発形式を選択すべき理由

コスト削減

日本と比べて人件費や事業コストの安い海外の企業・人材を活用することで開発総コストを大幅に削減できるはずです。高騰する日本人エンジニアに比べ、海外のエンジニアは人件費が抑えられる傾向にあります。開発費用はエンジニアの人件費に拠るところも大きく、コスト削減が実現できるというわけです具体的にはプログラマーの人月単価を比較してみると、中国が25万円~35万円、ベトナムが25万円前後、 インドが30万円前後、 フィリピンが20万円~25万円、タイが25万円~30万円となっています。言い換えると、海外でのオフショア開発でコスト削減できるのは確かの物と言えるでしょう。一方、エンジニアのスキルが日本と変えずに、オフショア開発先の外国では人件費が安くなるケースが多くあるのは事実です。

日本のIT人材不足という状況の解消及び優秀なエンジニア確保

 

 

日本は現在IT技術者(エンジニア)が不足しており、オフショア開発先の海外では大量に実力のある優秀なエンジニアの確保ができる点も大きなメリットとなっています。大規模の開発にも対応できる開発会社もあります。一方、現在、ベトナムをはじめ、タイ、ミャンマーなどの東南アジアで情報技術教育を積極的に促進しています。同時に情報技術の強化は長期的な国家発展戦略になります。そのため、このような国でオフショア開発を実施すれば、日本で必ず益々深刻になっている人材不足問題をある程度解消できないわけがないでしょう。

ラボ型開発に踏み込みやすいこと

オフショア開発におけるラボ型契約で自分の会社の社員として定期間で開発チームを確保できます。また、案件の規模によって、短期間で人材調達、開発チームへの人材捕捉がより簡単になるはずです。

一方、普通システム開発では案件または案件のフェイズごとにITエンジニアを集めて、案件が終わればリリースということが多いです。案件に応じるエンジニア数しか集めないと言う案件の実施方でとりあえず全体コストを削減できるにもかかわらず、かえってせっかく採用した優秀なエンジニアに契約を終了するのは本当に手間がかかるし、勿体ないことになってしまうのではないでしょうか。一方、次の案件が始まって、人材採用の要望があるのに、声をかけた時には他社の案件で活躍中という事態になってしまうかもしれません。結局は安定的に人材確保が難しくなる状況に陥るはずです。しかし、上記のようにオフショア開発におけるラボ型契約で柔軟的にシステム開発を実施できるし、案件の実施期間の間で必要な人材を当然確保できるわけです

短納期

スピードが求められるようになった近年、短納期出来るように、人材確保は欠かせないものです。そこで、オフショア開発形式で低コストの人件費で大量に優秀な人材を確保していくことによって、短い納期で納品することもできるのは事実のではないでしょうか。しかし、品質とコスト削減を確保できるように、もちろん容易なことではなく、システム開発の過程における両側の努力に大に依存すると言えるでしょう。その他に、オフショア開発では現在、早めにソフトウェアやシステムを完成させたがるスタートアップ会社をはじめ、多くの会社の願望に応えられます。しかも、法的手続きの完成における時間が削減できます。なぜかと言うと、オフショア開発が拡大されている背景でベトナムをはじめ、多くの国は情報技術分野など様々な分野で外資企業に対して法的な枠組み緩和を実施しているということです。

最後に、日本企業に対する重要な人材にもなる開発チームは案件実施過程でノウハウを蓄えることができるはずです。

上記はオフショア開発の基本的なメリットです。オフショア開発で日本企業をはじめ、多くの企業の困難をある程度解決できるのは確かなことと言えるでしょう。しかし、世の中でどんなことでも裏表が存在しているものです。オフショア開発は解決する必要な多くのデメリットがあるわけです。以下のように諸デメリットを取り上げたいです。メリットとともにデメリットもしっかりと認識できるのはオフショア開発の成功に必要な要素の一つからです。

 

オフショア開発のデメリット

コミュニケーションにおける障害

日本語を話せるオフショアベンダーもありますが、一般的には英語でのやり取りとなります。オフショア開発においては、基本的には会話やドキュメントも全て英語で、言葉の壁によってコミュニケーションが取れない場合もあります。英語聞いただけで苦手な意識を持たれてしまうこともありますが、この言葉の壁によって、うまくコミュニケーションが取れず、結果として膨大なコミュニケーションへのコストがかかることとなります。翻訳通訳者を雇用する必要があるためです。

  一方、コミュニケーションにおける差によって、細かいことから誤解を招きやすい心配があるでしょう。異言語なので、設計資料作成、システム、ソフトウェア開発進度における手間がかかりるケースが避けられないかもしれません。事例としてはマニュアル作成お願いしたところ、機械翻訳が分からないものや、非ITエンジニアが翻訳した間違いだらけのマニュアルが送られてきたため、仕方なく原文を受け取って、日本側で翻訳したという話も耳にしたこともあります。他に、日本のIT企業であれば、作成されたシステムの品質を証明するテスト仕様書とテスト結果が提供されるのは当たり前ですが、それが納品されず、作成されているのかも不明という例もあります。

職場マナー、異文化における困難

インドネシア、インドなどイスラム教徒が多い国に、お祈りの時間に電話する、会議を設定するといった行為は信仰への侮辱と捉えられ、トラブルの元にもなるので、多少に困難や誤解を引き起こすと言えるでしょう。また、祝日も国によって違います。例えば、日本の祝日は他国の平日かもしれませんし、その逆もあるます。こうした習慣の違いは、納品されるシステム、案件の進度にも影響を与えるかもしれませんので、オフショア開発を実施する前によく認識し、すり合わせておけばよいのではないでしょうか。

一方、十分に詰めていなかったために、オフショア開発拠点の国ではともかく日本では使えないシステムになってしまうケースがしばしば発生します。さらに文化の違いによって、真意を確認しないまま、勝手に作業や仕様を変えてしまう場合もあります。オフショア側では、それは良かれと思って作業や仕様の変更をしたと言い訳をしてきますが、実際にオーダー側である発注者の意図を理解していない結果であり、揉めてしまう要素にもなります。

ところが、生活や文化の違いを無理やりなおすことは、そのオフショアメンバーのプライドを傷つける場合もありますので、ある程度の寛大さとお互い受け入れは極めて必要なことです。

案件の要件、仕様の認識における差

システム、ソフトウェア開発や進捗管理、品質、形式の確保などに時間がかかる場合もあります。

時差と地理距離

日本側が緊急な会議を開催したいですが、オフショア開発の会社の出勤時間が始まっていないケースがあります。それで、時差が低いベトナムなどのアジア各国でオフショア開発を実施するのはこのような困難をある程度抑えられるはずのではないでしょうか。また、地理距離なので、言うまでもなく打ち合わせも国内の開発より難しい多くの困難に直面するはずです。

規模が小さすぎる案件に対してコスト削減確保できない場合もあります。

他の困難

オフショア開発の会社の国の政治情勢、法理的な枠組み、反日対象による問題はオフショア開発の会社にあるだけではなく、日本側にある場合もあります。

ベトナム人開発チームに対して信頼感.信用感不足

上記はオフショア開発における課題について分析しました。まだ解決できないオフショア開発における課題によって、実際では失敗した事例がかなり多いのは事実だと言わせずを得ない

失敗事例

  • 事前に思ったより質の低い製品出来上がります。
  • 最終製品は最初のアイデア、設計に全然違うものになります。
  • 計画、契約より納品期間延長
  • コスト削減を主な目標にしてオフショア開発を実施します。結局はコスト削減を確保できない状態に陥ってしまいます。

しかし、失敗事例の他に、オフショア開発のメリットを最大限に活用し、同時に存在している課題を徹底的に克服できるので、多くの成功をおさめられています。

オフショア開発成功事例

  • コストを大幅に削減して案件を完了できます。
  • ラボ型契約で長期間で必要で優秀な人材確保できます。
  • 素早く質の高いシステム、高度な製品、アプリなどを開発し、海外の市場に進出し、法理的で複雑な行政手続きにおける時間を削減できます。

 

今回の記事は知っておくべき5つの根本的なことを紹介しました。オフショア開発に関する総括的なイメージを想像できることを期待しております。ベトナムにおけるオフショア開発、関連的なサービスをより深く調べる願望があれば、[rabiloo.com」というリックでソフトウェア開発会社であるラビローにお気軽にご連絡ください。弊社はオフショア開発実施における同行者になれることをお待ちしております。クライアントの成功を見られるのは弊社のモチベーションの一つです。

オフショア開発カテゴリの最新記事