なぜベトナムにおけるオフショア開発を実施すべきでしょうか。

なぜベトナムにおけるオフショア開発を実施すべきでしょうか。

IT分野で活用している会社なら、オフショア開発という言葉を耳にしたことがあるでしょう。フショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、また今流行のスマホアプリ開発、Facebookアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。オフショア開発に関するメリット、課題、失敗する理由、オフショア開発が行われる傾向や背景についての内容のある記事が多いと思っています。そのため、今回の記事ではオフショア開発に関するソフトウェア開発会社の目線として、ベトナムにおけるオフショア開発のチャンス、メリットについて総括的に紹介させていただきます。ベトナムへのオフショア開発願望のある会社をはじめ、IT分野で活動している会社に役立つ参考資料になることを期待しております。

本記事には主な2つの部分に分かれています。

IT日本会社の困難及びオフショア開発形式を選ぶべき理由

現在、日本の少子高齢化速度が進んでいる背景の中で、IT人材をはじめ、人材不足状況が深刻になってきます。日本の経済産業省による調査では2015年の時点で17万人の人材不足となっています。2030年まで、人材不足の規模が約40から80万人になると予測されております。つまり、近い将来、各日本会社のエンジニア採用が様々な困難に直面すると見込みです。対策は急務となっています。

 また、日本人エンジニアの人件費が他の国に比べると、とても高いレベルにあります。一方、最大限までコスト削減に取り組むのはほとんどの会社の傾向と経営運営方向となっています。その背景にして、日本会社を含む多くの外国企業は安い人件費のある外国市場を積極的に探しがちです。

 そのほかに、アプリやシステム開発における願望、アイデアがありますが、ソフトウェア開発の経験がありません。また、もともとシステムがありますが、より高い品質のあるシステム開発やシステムに新たなテクノロジーを導入する願望がありますが、システム開発のための技能がある人材不足やどこから進めば効率性を確保できるか把握できませんという状況に陥っています。

 中小企業やスタートアップをはじめ、多くの会社は一日も早くシステム、ソフトウェアを開発したがります。しかし、ソフトウェア、システム開発における経験が不十分なので、どのように開発プロジェックトを展開し、実施するのかはっきり把握しない状況に直面しているはずです。

 上記のような困難や課題はオフショア開発形式で打開できませんか。答えはオフショア開発の概要について詳細的に調べれ、ハッキリと把握できれば、「イエス」と言えます。

 オフショア開発で日本企業はコスト削減、リソ―スの確保、短期納品といった三つの目標を解決できます。具体的には:

  • コスト削減:

 日本と比べて人件費や事業コストの安い海外の企業・人材を活用することで開発コストを大幅に削減できます。高騰する日本人エンジニアに比べ、海外のエンジニアは人件費が抑えられる傾向にあります。開発費用はエンジニアの人件費に拠るところも大きく、コスト削減が実現できるというわけです。一方、エンジニアのスキルは日本と変えずに、オフショア開発先の外国では人件費が安くなるケースが多くあります。特にベトナムオフショア開発は中国やインドと比較してエンジニアの人月単価が安い傾向にあります。

  • 優秀なエンジニア確保:

 日本は現在IT技術者(エンジニア)が不足しており、オフショア開発先の海外では大量に実力のある優秀なエンジニアの確保ができる点も大きなメリットとなっています。また、大規模の開発にも対応できる開発会社もあります。

  • 短納期:

 スピードが求められるようになった近年、低コストの人件費で大量に優秀な人材を確保していくことなどで短い納期で納品することもできます。また、海外市場を視野に入れた開発や開発スキームの確立も期待できます。

以上はオフショア開発について総括的にご紹介いたしました。オフショア開発の案件を展開するための地域や国と言えば、従来から人件費が安く、日本語対応可能のある技能者が多い中国やIT分野に最強国であるインドを挙げられます。しかし、潜在性が溢れる魅力的なベトナムでオフショア開発案件を実施すれば、多くのチャンスとともに新たなチャレンジを収穫できると思っています。

今まで、開発コストが安いというイメージが先行しているベトナムにおけるオフショア開発ですが、ベトナムにおいてはコスト削減以外に様々なメリットがあります。

ベトナムにおけるオフショア開発メリット

国家的魅力

  • 親日国

 日本の文化はこの数十年、ベトナムの若者に非常に強い影響を与えています。多くのベトナム人の若者は漫画、アニメなどの日本の文化や日本のことに興味を持つようになっています。二カ国の相互理解がますます深まっていくと言えるでしょう。

また、ベトナムは、他の新興国に比べると、治安が良くて、国民感情も親日で、テロなどの事件もあまり発生していないので、滞在して仕事するにあたっての安心感があるはずです。一方、日本人のようにほとんどのベトナム人は宗教がなく、日本料理店もだんだん多く出店されてきました。日本人プロジェックトマネジャーがベトナムに駐在する時、治安や食の心配もあまり必要がないと言えるでしょう。

 

  • 成長率

 ベトナムの成長率が近年高く、安定度を確保できると評価されています。情報技術分野の成長状況を別に見ると、ソフトウェア開発協会によると、2003年に比べると、2015年にベトナムの情報技術分野の成長速度は1000倍伸びました。2016年まで、情報技術分野の総売り上げは30億ドルに達しました。

  • ベトナムと日本の関係

 2018年にベトナムと日本は外交関係樹立45周年記念式典を開催しました。現在、日越友好協力関係はますます新たなレベルに発展しています。情報技術分野をはじめ、全面における戦略的なパートナシップになっています。

  • 政府の待遇制度

ベトナムでは外資企業のIT部門へ投資する案件に対する法人所得税(CIT)の減免.免税制度を実施しています。最初の4年間はCITが全額免除、その後なんと9年間も税額の50%が減額されます。オフショア開発を狙う企業にとって、これはかなり魅力的のではないでしょうか。さらに経済特区における案件については、インフラ開発に対する支援も行われます。代表的な支援には、技術的インフラの提供、住宅賃貸といったものが挙げられます。IT事業を展開するとなると、特殊なインフラ整備は必須なのでそこに対する支援が充実しているのも大きな魅力です。

人為的魅力

  • 勤勉、向上心がある若い IT人材豊富

 ベトナムの保健省の統計によると、ベトナムの平均年齢は28,7歳ですが、日本の平均年齢は45,8歳となっています。格差がかなり大きいとわかります。これはベトナムの魅力点と言えるでしょう。

また、人材豊富の面でベトナム政府は 2020年までの 1百万人に達するIT人材の数の増加を目指す国家戦略を実施しています。ベトナムでは、毎年多数の若い理系大学出身のIT人材が増加しています。それゆえ、開発チームを組成する際、専門性の高いフレームワーク.開発言語を扱えるエンジニアの確保が日本よりもしやすいというメリットがあります。また、ベトナム人エンジニアと日本人の橋渡しができます。日本語が話せて開発に関する知識もあるブリッジと呼ばれる人材も増えており、また義務教育で日本語が英語と並ぶ第一外国語になるなど今後もさらに日系企業に対してのメリットを期待することができるのではないでしょうか。

 

  • 人件費が安いので、案件全体コスト削減を確保できます。

 ベトナムオフショア開発メリットは何と言っても人件費の抑制(開発コストの削減)につながることです。
元々オフショア開発は、開発コストの上昇を抑えるためにインドへの進出をしたことが始まりです。それが現在で、中国からさらにこれよりも人件費が低いベトナムを始めとした東南アジアへとオフショア開発先を移しつつあります。
上記の分析のように日本国内の場合はITエンジニアの人件費が高額になりがちで、企業にとっての負担が重くなるので、海外へ目を向けているものです。一方、実際にITエンジニアのスキルは厳密に言えば、日本とは大差がないということから、ベトナムでのオフショア開発はこの数十年注目されているのです。
 また、このコスト削減という部分が、ベトナムオフショア開発メリットとして最も大きなものになります。平均人月単価は日本の人月単価の約 3 分の 1 くら いのコストで、26.13万円となっています。ベトナムのIT従事者は賃金水準に特徴があり、中国やタイの同業種に比べてもだいたい1/2の水準となっています。一方、ホーチミン工科大学やハノイ工科大学など優秀なITエンジニ アを輩出している大学や専門学校が増えて おり、ベトナム政府としても対日本向けのオフショア開発に力を 入れています。日本ではエンジニ ア不足がまだまだ続くと予想されているが、ベトナムではITエンジニアを毎 年数多く輩出してお り、ベトナム政府のバックアップをもとに豊富な人材が供給されています。

 

市場的魅力

  • 市場の安定度

 経済強国である中国の市場に比べて、ベトナムの市場が近年安定性を確保できるのは注目すべくところと言えるでしょう。特に、現在、中国とアメリカの貿易摩擦がまだ起こっています。中米貿易摩擦から日本は多少に影響を受けています。

  • ベトナムでコンピューターを持っている世帯は、2008年から2012年の4年間で約2,200世帯から約4,300世帯と2倍近くに増えています。とはいえ、100世帯のうちコンピュータを持っている割合は2012年で18.8%なのでまだまだ拡大が期待できる市場のではないでしょうか。また経済成長の影響からか、若者の購買意欲が高い傾向にあるようです。現在は三世代同居世帯が主要ですが、今後所得水準が上がれば、核家族も増えます。その結果、今後さらにITサービスなどの伸びが期待できそうです。

地理距離におけるメリット

  • 日本と時差によるタイムロスが最小限

日本とベトナムの時差は2時間です。ベトナムでは始業時間が早いため日本の会社と営業時間を合わせやすいという特徴があり、時差によるタイムロスを最小限にすることができます。例えば、日本側が緊急な会議を開催したいですが、オフショア開発の会社の出勤時間が始まっていないケースがあります。それで、時差が低いベトナムなどのアジア各国でオフショア開発を実施するのはこのような困難をある程度抑えられるはずのではないでしょうか。

  • 日本からのアクセスの良さ

日本とベトナムは、数多くの直行便フライトで結ばれています。例えばホーチミン市の空港からは、東京、名古屋、大阪、福岡と多い日には1日10便が飛んでおり、東京からでも6時間ほどと出張もし易く、本数も多いため料金も比較的廉価というメリットがあります。

上記はベトナムにおけるオフショア開発の大きな4つのメッリトです。ベトナムは本当に潜在性が溢れる市場と言えます。近い将来、さらに発展していくことを期待できます。それで、なぜベトナムに案件を実施してみてください。当然、案件開発の過程で、様々な困難に直面するはずです。ベトナムのメリットを徹底定期に発揮することによって、早くても遅くても成功を収められるに違いません。本記事を通じて、ベトナムのメリットをはっきりと把握できることを期待しております。それに基づいて、自分の会社に適切なオフショア開発のための相応しい国を選択できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

オフショア開発カテゴリの最新記事