アウトソーシングについて知っておくべきこと

アウトソーシングについて知っておくべきこと

前回の記事でオフショア開発に関する6つの根本的な点について説明いたしました。オフショアに関する内容がある記事チェーンを引き続き、今回の記事で近年多くの企業に対してよく耳にする身近になってくるかもしれない言葉であるアウトソーシングについて紹介したいと思います。

オフショアとアウトソーシングの相違点はなんだろうと聞かれたら、すぐ答えられるでしょうか。さぞ直ちに答えを言い出せる人があまり多くないかもしれません。それでは、まず、オフショアとアウトソーシングについての相違点を理解しましょう。

オフショアとアウトソーシングの区別

「オフショア」とは「【海外】に移管・委託」することを指します。言い換えると、オフショア開発とは海外でシステム開発を行うことを言います。

オフショアの一言でいうと、ニアショアよりも距離が離れた国(日本であればインドネシアなど)の場合に使用されます。オフショアのメリットはコスト削減、優秀な人材確保や短期納品などが挙げられます。一方、デメリットとしては、コミュニケーションギャップや時差、文化、職場マナーにおける違いなどが挙げられます。しかし、アウトソーシングは多少に違います。

「アウトソーシング」とは、オンショア、二アショア、オフショアを含みます。言い換えると、アウトソーシングの方がオフショアより広い意味があるものです。アウトソーシングとは社外から生産に必要な部品・製品を調達したり、業務の一部を一括して他企業に請け負わせることです。簡単に言えば、「アウトソーシング」とは単に「社外」を指します。

上記はオフショアとアウトソーシングの基本的な違いのみです。読み手にアウトソーシングに関する概要的な知識を提供できるように、本記事で新たな視点の下でベトナムにおけるアウトソーシング市場をはじめ、アウトソーシングに関する知っておくべきことを紹介させていただきます。本記事を通じて、アウトソーシングをはじめ、アウトソーシングとオフショアの相違点を十分に理解できることを期待しております。本記事は読み手に対する役立つ資料になれば、幸い極まりです。

アウトソーシングの概念

アウトソーシングとは、特定のビジネスプロセスの処理について、自社から独立した外部企業に委託することです。アウトソーシングは社外の資源の利用を示します。企業は外部企業のサービスを「購入」してアウトソーシングを行います。情報技術分野でアウトソーシングというものはソフトウェア加工という意味です。アメリカや日本といった先進国はソフトウェア開発を目指にしてベトナムなどの発展途上国の人材を探し、現場の人材を雇用します。アウトソーシングを行う際、社内で企画立案を行い、実際の業務実施のみを委託することもあれば、企画立案から業務遂行まで全てをアウトソースする場合もあります。

最近ではアウトソーシングはさらに進化しています。単なる事務仕事の外注を超える意味を持ちはじめています。企業競争力向上、効率、スピード、品質の向上、人の再配置による企業再構築などの高い付加価値を生むことを目指し、アウトソーシングが活用されはじめているのです。

ところで、アウトソーシングのメリットはなんでしょうか。なぜ、企業はアウトソーシングすべきでしょうか。この内容をより深く理解できるように、以下はアウトソーシングに関する諸メリットについて説明いたします。

アウトソーシングのメリット

自社の中心業務に集中を注げること

企業は利益を確保できるように、長所である本業を中心にして発展させるべきです。しかし、競争がますます激励になっている背景で、本業の他に、副業や新案件にチャレンジすることが大事のではないでしょうか。ただ、新たな案件を実施するために、人材、物件などは不可欠な要素だと言われています。

第三者に単純作業などの一部の業務をアウトソーシングすることで、

・新規事業や新しい企画など、社内全体が企業成長へと繋がる取り組みに集中できるよう環境を一気に整備することができます。

自社では弱い分野にも人件費を投資せずに取り組むことができる

コスト削減

 生き残れるように、各企業の競争が進んでいる背景の中に、品質とコスト削減の裏表を平行に確保できる企業は自分の競争力が上昇できると思われています。

  • アウトソーシングに関するサビ―スコストは企業における仕組み設立の必要なコストに比べると、はるかに下回ります。なぜかと言うと、例として自社でシステム開発だったら、社員に年金や所得税や保険金、福利厚生費などの手当てを一部負担しなくてはいけないのためです。一方、アウトソーシング形式では社外から生産に必要な部品・製品を調達したり、業務の一部を一括して他企業に請け負わせるので、人材採用や社員の教育コストなどを大幅に抑えられるかも知れません。他に、年金や保険金や福利厚生金などの費用が大分削減できるはずです。

仕事の効率化・スピード・品質のアップ

  • アウトソーシングで外部の専門家リソースを活用することができます。アウトソースを行えば、新たなルールに適応した煩雑な事務を専門の外部企業に任せることができます。改定に伴う混乱を回避でき、スピードや品質が確保されるのではないでしょうか。専門化したアウトソーサーは、その分野のプロといってもさしつかえないでしょう。専門化した人材の仕事は、素人よりも効率的です。社員数人で行うところを、アウトソーサー側は一人で処理できることもしばしばです。

スピードも違います。社員が1週間かかる仕事を数時間で仕上げたりしま  す。専門特化することで、コツがわかり、リスクを回避し、最短で仕事を仕上げるすべを心得ているのです。

  • 外部の高い知見や技術力を活用できます。例えばシステム開発はその手法が品質に大きく関わりますから、各社は種々の目的に適合するよりよい手法を開発し競争しています。アウトソーシングによって、それらの外部の専門家の知見と手法を取り入れた開発を行うことができます。
  • 優秀な人材の確保が難しくても、外部のスキルの高い専門家に依頼でき、クオリティを損ないません。
  • 専門知識や経験を持つアウトソーサーとの提携により最新の知識とスキルを保ち「コアコンピタンス=他社の追従を許さない優れた能力」の強化に繋がります。

属人化の防止

業務が特定の誰かにしか分からない状態を回避し、業務量や責任の分散を回すことができます。

 

企業競争力の強化

人を育てるには時間が必要です。しかし、変化の激しい現代において、じっくり人を育てている余裕がなくなっています。社員を育てるには、それ相当の時間とコストがかかる一方で、変化は待ったなしです。

 もちろん企業にとってコアになる技術や業務に関わる人材は育てる必要があるでしょう。しかし、業務として標準化でき、システム処理ができる業務は、所有せずにアウトソーシングで乗り切り、スピーディーに変化対応すべきです。そうすることで、よりコアな人材に資金と教育を集中でき、企業競争力を強化できるのです。

システムの保守・運用、開発の分野では、ITの進展のスピードに対し、社員がついていけなくなっているのが実情です。こうした状況下で、常に社員を教育し続けることはコスト高で時間がかかります。変化の速いITは、アウトソースすることで、最新の知識とスキルを、適正なコストで即入手します。自社を身軽にしておきながら、即戦力を手に入れ、競争力維持に役立てるのです。

リスクヘッジ

アウトソーシングを活用することで様々なリスクを回避することや、最小化することが可能になります。大きな投資をしたり、人材を新規に採用したりする前に、アウトソーシングで様子をみながら、徐々に体制を整えていくことができます。右肩上がりの業績やインフレによる含み益を期待できない状態では、安易な投資は命とりです。アウトソーシングをうまく活用してリスクを回避するべきでしょう。

オフショアのように、アウトソーシングは案件開発における魔法の杖ではなく、メリットの他に、デメリットも存在しています。このようなデメリットを徹底的に認識し、解決できない場合はアウトソーシングが成功を収めにくいはずです。そのため、以下、アウトソーシングの諸デメリットについて紹介したいと思います。

アウトソーシングのデメリット

アウトソーシング会社は受け身の状態に陥ってしまう恐れがあります。

サービス側が突然破産され、社員に給料を支払う余裕がなくなるので、他の会社を探し、契約を締結しないわけにはいかない状態になって、最初から案件をやり直す必要があります。結局、手間、コストを削減できるどころではなく、より手間などがかかります。

情報漏洩のリスクがあること

 これは多くの企業が悩んでいる課題の一つだと言われています。アウトソーシングは、必然的に個人情報などの重要なデータを共有するため、外部に情報が流出してしまう可能性があります。アウトソーシングの社員はライバル会社にさえ会社の情報を漏洩することを心配します。それで、事前にセキュリティチェックや契約内容確認することが大切です。

製品、業務の品質

案件着手の最初過程でアウトソーシングの社員は企業のシステムやしいステム開発の仕組みなどをはっきりと把握できないので、案件の進度を遅らせる可能性があります。

また、業務の進捗をリアルタイムで把握することが難しく、業務の効率化のアップや底上げをするためにどのようにコントロールしていくべきかの判断がしづらいという問題があります。

ノウハウの蓄積が難しい

 業務を社外に委託することで、社内での実務経験のある人材の確保やノウハウの蓄積が難しいことが挙げられます。

費用がかかりすぎる発生がします。

 統計によると、アウトソーシング形式で案件を実施するコストは自社でのより低いということです。しかし、アウトソーシングは必ずしもコストの削減ができるとは限りません。契約は厳密に作成されなければ、企業に事前に想像しにくい大費用を引き起こす恐れがあります。

情報技術分野でアウトソーシングがますます拡大されている傾向があります。それで、競争が一段と激しくなります。問題になったのは各企業が存在している課題を乗り越えて、自分の位置を定着できるのか。アウトソーシングのメリット及びデメッリトをしっかり認識できるのはアウトソーシングの成功にもたらす大事な要素の一つです。以下はアウトソーシングの際の留意点について紹介したいと思います。

成功にアウトソーシングできる留意点

アウトソーシングを依頼する側

    • 費用がかかりすぎる発生がするケースを回避するために、あらかじめ組織の全体像をは明確にし、どの部分をアウトソーシングするかを見極めてから取り組むことが重要です。
  • 会社の案件に最もふさわしいアウトソーシングの会社をしっかりと選抜すべきです。

日本語で対応可能なエンジニアが多いし、強い実績がある会社を探し、パートナーとして選択することにこだわりすぎる必要がないと認識した方が良いでしょう。実施するつもりの案件に対する適切性を念頭に置きましょう。

  • 一番大事なことは安いことを目標にしてアウトソーシングを実施しない方が良いです。コスト削減はオフショア開発の代表的なメリットと言えますが、安いので、オフショア開発を行うのは大間違いと認識する必要があります。なぜかと言うと、安いものは質の低いものとも意味します。安い理由だけで海外で案件を実施するのは事前に想像しがたい多くの困難やリスクに直面します。
  • 依頼する業務は丸投げにしない

依頼する相手は会社の事業を深く理解していない外部業者 なので、「丸投げ」にはぜず依頼する業務内容をお互い明確にするようにしましょう。

  • 社内でのチェック体制は整えておく

専門性の高い業務を依頼していたとしても、整合性のチェックや前回との比較など、最低限の確認ができる体制は整えておきましょう。様々なリスクを防ぐだけではなく、自社に主導権・決定権があることを意識づけることにも繋がります。また、確認作業を通してある程度のノウハウを社内に蓄積することも可能です。

  • 複数の企業に見積もりだけはとっておく

依頼側の専門領域ではない業務をアウトソーシングする場合、相場の把握が難しく、金額の目安が分からずに契約してしまう場合があります。まずは複数社に見積もりを要求し、費用の比較をするように心がけましょう。

また、各企業の費用にバラつきがある場合、発注する側とアウトソーサー側の業務内容の捉え方にずれが生じている場合があるので、依頼内容を明確に伝えることも意識する必要があります。

  • アウトソーシングの開発に関する案件を実施するの他に、各企業は新たなテクノロジーを研究し、開発することを戦略目標を念頭に置く必要があります。新たなテクノロジー研究開発に投資するのはアウトソーシング開発と維持と同じ価値を持つことをはっきりと認識する必要があります。
  • アウトソーシングする前に、会社の目標を明確させる必要があります。

アウトソーシングを受託する側

 

  • アウトソーシングに対して限界を設定しないこと

 

 クライアントの要求のように製品の一部を開発し、加工するのかわりに、会社はクライアントに積極的に相談に乗り、アイデアから納品、運用までの過程におけるクライアントの要望を明確させることにさらに取り組むべきです。

 

 

  • 専門的な知識の他に、外国語能力などのエンジニアの能力を向上させる必要があります。

 

 上記はアウトソーシングについて総括的に紹介しました。現在、アウトソーシングはどんな傾向を進んでいるのか。このような内容を認識できるのはアウトソーシングを成功させる一つのキーだとされています。

現在のアウトソーシング動向

ITアウトソーシングと言うと、中国やインドなどの大国を言及しないのは本当に欠如なことです。インドは今までアウトソーシング開発における最強国と言われています。しかし、この両国における経済政治情勢に関する変動によって、この十数年、東南アジアやアジアにある他の国でアウトソーシング開発に関する案件を実施するのは空前の開花ブームになっています。とりわけ、アウトソーシング市場は段々ベトナム、フィリピンをはじめ、東南アジアに移行する傾向があります。

ベトナムのアウトソーシング市場+魅力点とチャレンジ

ベトナムは情報技術分野をはじめ、アウトソーシングの開発の潜在性が溢れる一カ国だと評価されています。PwC会社に2017年に公表された「ベトナムのスポットライ」と言うベトナム焦点報告では、ベトナムは中国を超えて、日本情報技術分野で活動する会社にアウトソーシングに関する第二のサビ―ス提供者になって、市場におけるシェアの20,6%を占めていました。トップの国はインドでシェアが31,5%となりました。

実際にベトナムにおけるアウトソーシングの経験がまだまだと言えるだが、現在、ベトナムはアジア太平洋地域での小さいアウトソーシング地域ですが多くの魅力点があると評価されています。これはベトナムに情報化に向上心があって、優秀で勤勉な人が多いからです。一方、ベトナムは理想的なソフトウェア開発における能力があるトップ50国リストに入っています。なぜかと言うと、この十数年、ベトナムはクライアントの要求に優秀に応えられますからです。

要する、ベトナムのアウトソーシング市場がますます拡大されていると言えるでしょう。ベトナムのアウトソーシング市場はこのように飛躍的に発展できるのは以下のように魅力点がある為です。

  • 今、ベトナムの総人口が90千万人以上であり、労働者の平均年齢が30才であるので、ベトナムは若い労働者の抱負を誇りに思っています。また、情報技術を専門として新卒者の数が毎年増加していて、現在の時点の統計によると、IT専門新卒者の数は4万人となっています。ベトナムの学生が理系に強い人が多いとよく評価されています。言い換えると、情報技術、IT分野に向いているのではないでしょうか。
  • 専門的知識の他に、ベトナムの学生も英語や日本語などの外国語能力を評価されています。
  • 一方、現在、ベトナムの政府は情報技術を中心にして教育を促進しています。長期的な国家戦略の一つです。それに加えて、情報技術分野で活動している会社は政府から多くの優先待遇を受けています。例としては法人税除却の優遇などが取り上げられます。

 しかし、ベトナムにおけるアウトソーシング市場に早めに解決する必要な多くの課題が存在していると言えます。まずはコミュニケーション能力のある人材不足という課題です。言いたいことはコミュニケーションにおける問題が言語や技術にあることではなく、ビジネス業務と文化理解における問題だと言われています。このような点につてはベトナム人学生が高く評価されていません。

 

本記事はアウトソーシングやベトナムにおけるアウトソーシング市場に関する内容を言及しています。ベトナムの市場に潜在が多いのは確かなことと言えます。本記事を通じて、読み手にベトナムアウトソーシング動向や魅力点及びチャレンジをはじめ、アウトソーシング市場、本質を概要的に説明できることを期待しております。

アウトソーシング、ベトナムのアウトソーシング市場に関する情報をより詳細に手に入れる願望がある場合はご遠慮なく”rabiloo.com”のリックにご連絡ください。弊社は創立してから蓄えてきた経験で良いサビ―スを提供できることを確信しています。お客様のご連絡をお待ちしています。本記事の最後まで読んでいただければ、喜びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

オフショア開発カテゴリの最新記事