オフショア開発が失敗する10つの根本的な要因

オフショア開発が失敗する10つの根本的な要因

この数十年、オフショアを実施する会社の数が増加してきました。ただ、オフショア開発に対するの評価が何かネガティブな感じがします。「オフショア開発が絶対成功しない」や「未だにオフショア開発に信じる人がまだいるんじゃん」という考えがあります。しかし、厳密に言えば、現在オフショア開発案件がかなり多いのではないでしょうか。それではなぜ例外があるでしょうか。当然原因があるわけです。これから、オフショア開発の基本的な失敗原因を調べましょう。本記事を通じて、オフショア開発願望のある会社がこれからミスを避けられ、失敗したことがある会社が前の自社のミス、イメージを振り返られることを期待しております。

 オフショア開発を行うのは失敗する場合は少なくないと言えます。しかし問題になるのはオフショア開発会社や開発チームにあるだけではありません。オフショア開発の失敗原因は日本クライアントにもあると言えるでしょう。

  • 日本クライアント側にある失敗原因

 

1.安い価格を目標にしてオフショア開発案件を実施すること

一番大事なことは安いことを目標にしてオフショア開発を実施しない方が良いです。コスト削減はオフショア開発の代表的なメリットと言えますが、安いので、オフショア開発を行うのは大間違いと認識する必要があります。なぜかと言うと、通常安いものは質の低いものとも意味します。もちろんずべてではありません。安いコストで質の高いものを得られる場合が少なくありません。ところが、安い理由だけでせっかく海外で案件を実施するのは事前に想像しかたい多くの困難やリスクに直面するかもしれません。多くの場合は逆に手間やコストがかかりすぎます。そのため、スタートアップ会社をはじめ、中小企業が資金が少なく、同時にできるだけ素早くシステムを開発したがるので、しっかり相手を取り調べずに、油断してオフショア開発を実施しがちです。要するに、オフショア開発案件を着手する前に、自社の目標を明確すべきです。安い価格とコスト削減でオフショ開発を実施すれば、いずれ失敗に遭うに違いありません。

2.コミュニケーション不足

 海外開発チームとクライアント側との情報交換やコミュニケーションが徹底的に確保できるのは案件の成功につながる重要なキーとされています。クライアントは開発チームに案件を任せて、要求や納品期間を出してから、案件の進捗に関する情報を一カ月ぐらいに一回連絡する事例を想像してみましょう。この案件は成功を収めにくいと言っても過言ではありません。一方、よくコミュニケーションを取ることで案件に問題が発生すれば、素早く解決できるに違いません。しかも、両側の相互理解を深めることができます。案件が必ず順調に進むはずです。そのため、案件初過程からコミュニケーションルール化しましょう。どういうふうに行ったらよいでしょうか。例えば、スカイプやハングアウトなどコミュニケーションにおける方式を作成し、両側に共有し、厳重に従います。他に、基本的にはメールでやり取りをします。特別な理由がない限り24時間以内に返信します。1週間に1度はスカイプなどでミーティングを行います。このように厳守できれば、開発チームとクライアント側とのコミュニケーションは確保できると言えるでしょう。

3.管理不足

 発注側の丸投げによるオフショアベンダーへの管理不足です。コミュニケーションがうまく取れないからといって、オフショアベンダーに丸投げをしている場合、システム開発のプロジェクトにおいても全体の進捗が管理できません。さらにリスクも内在しているにも関わらず、丸投げをしている場合には何も見ることができず、リスクへの対策を講じることもできません。

4.開発のブラックボックス化

 オフショア開発は地理的にも離れていることもあり、現地でどのような開発をしているかの内容を具体的に目で見て把握することができません。そのため、進捗内容は全てレポートか電話会議を利用したものとなりますが、相手を信用するしかなく、開発のブラックボックス化がどんどん深刻化していきます。

5.オフショア開発会社選択での問題

オフショア開発会社と言っても、色々な企業があります。国によっても特徴やサービス形態も異なります。例えば、親日国でもあるベトナム企業には日本語でのコミニュケーションに強みを持ちます。一方、第2カ国語として英語が活用されているフィリピンでは、開発の現場でもやはり英語コミュニケーションに強みを持っています。自社で開発会社を探す場合は、各国企業の特徴を理解した上で自社でコンタクトを取り見積を集め、比較検討する必要があります。そのため、労力もかかる上に、特にはじめての導入の場合は自社で調査し比較検討して発注先を決めたけど、失敗したというお声を聴くことも多々あります。実際に「納期を守ってくれなかった」「最初に言ってることと違かった。。。」「仕様書と全く異なる納品が届いた。。」「対応が悪い」などのお声を聞くことがあります。海外が故にコミュニケーションが難しいこともあり、そういったクレームを生む原因になります。やはり、開発会社選びがオフショア開発導入の成功を左右するのです。
 また日本語で対応可能なエンジニアが多く、強い実績がある会社を探し、パートナーとして選択することにこだわりすぎる必要がないと認識した方が良いでしょう。現在、ほとんどのクライアントはとにかく優秀な実績がある会社を選択するきらいがあります。良い実績がある会社は歴然として若い会社より安心感.信頼感をもたらせるかもしれません。「多くの優秀者が一つの団体に集中すると、必ずしも偉大な成果が遂げられるわけがない」と言う諺があります。言い換えると、優秀な会社は必ずしも最高選択肢のわけではないということです。実施するつもりのプロジェックトに対する適切性を念頭に置きましょう。オフショア開発会社を選択するのは案件の成功に大いに影響を与えるためです。

6.日本側はプロジェックトの開発において多くのことを決めすぎます。

 プロジェックトで日本クライアントがソフトウェアの性能、品質を検証して、評価するのは当たり前で必要不可欠なことだと言われています。例えば、クライアント側はデータ処理を観察し、決定したうえで、案件開発チームに指示を出します。しかし、多くの場合、外国人エンジニアは何かの水準が適切か認識できない状況に陥ってしまいます。結果としてクライアントの要求に応えられるデータ処理における手間がかかります。相談も時間がかかります。オフショア開発の効率性を無くします。そのため、効率を向上させ、エンジニアがデータを分別.処理できるために、日本クライアント側が自分の要求や情報などを十分に共有し、シェアすることはとても大事なことです。しかも、開発チームの意見をきちんと参考にするのは極めて重要だとされています。

7.海外のエンジニアの技能、能力に対する心配があり、信頼感が低いこと

 多くの場合で開発チームは製品の納期の締め切りの日に近づくとしても、仕事の進度が遅く展開し、納期延長のリスクの危険度を認識できません。開発チームは案件をこんなに早く展開し、完成させる必要がないと考えてしまうことを誤解します。結局、両方は相手を待ち合い、促しない状態に陥ってしまいます。開発チームは簡単なロギック、字の内容を修正しないと要求されるが、一時間から2時間ぐらい完成できると予想しますが、とうとう一日以上かかってしまうケースがあります。そのため、日本クライアント側は不満を持つことに繋がります。しかし、問題は外国人デベロッパーの技能にあることではなく、お互いの信頼にあると言えるでしょう。ソフトウェアの何かの性能を変えることを実施する時、いくつかの他の関連機能に影響を引き起こすわけです。その時、開発チームのリーダは日本クライアント側に質問を出しますが、日本クライアント側はオフショア側に対して信頼感不足なので、開発チームの質問に多少に不満を持つようになり、十分な対応しないケースが少なくないと言えるでしょう。結局、開発チームのリーダはしっかり対応しすぎる状態に陥ってしまって、案件開発における時間がかかるのです。案件の品質に多少に影響をもたらすとえるでしょう。

 

  • オフショア開発会社における失敗原因

 

8.日本的な開発スタイルに慣れていないこと
 文化等のバックグラウンドが違う場合、どうしても異なった開発スタイル・プロジェクト進捗の管理を行います。また、技術力はともかくとして、まだ、こちらのエンジニアにはプロジェクト管理という概念が浸透していなような気がします。品質のクオリティであったり、仕事場の緊張した雰囲気など、その辺が欠けているケースがあります。
9.コミュニケーション能力
 日本側、中国側両方に言える事ですが、コミュニケーションをしっかり取るという文化を醸成する事です。オフショアに限らず、エンジニアの方というのは国籍を問わず、コミュニケーション能力は高くないケースが多いと思います。文化も言葉も違う、距離も離れている、時差も多少ある中では、通常考えている以上にコミュニケーションを取らないと案件がうまくいかないと思います。

10.顧客へのサービス概念の欠如
 顧客へのサービス、これで商売しているわけですが、彼らは顧客であっても、上司であっても、人対人という関係で対応します。日本の下請け会社のように、発注先の理不尽な無理を聞いたりはしません。また、レストランやお店とかでもそうなんですが、国全体として「サービス」という概念がやや弱いような気がします。

 上記は今までのオフショ開発における失敗事例からまとめ、分析された10つの根本的な要因です。上述のような要因で多くのオフショア開発プロジェックトは成功を収めることができません。なぜオフショア開発が失敗したのか確実に認識出るのはとても大事なことです。しかも、どのようなリスクが想定され、どのようにリスクヘッジをしていくかコミュニケーションを仕組み化していかに円滑に進めることができるかがとても重要です皆さまがチャンスを活用してオフショアにおける成功を収めることを根底より祈願いたします。本記事が役立つ参考資料になることを期待しております。オフショア開発における失敗原因についての記事の他に、弊社はオフショア開発、オフショア開発のメリット、なぜベトナムでオフショア開発すべきかという様々な記事がありますので、ご興味があれば、ぜひともご覧になってください。ご閲覧を頂ければ、とても幸いです。

オフショア開発カテゴリの最新記事