オフショア開発を成功させるための9秘訣

オフショア開発を成功させるための9秘訣

前記事でオフショアやオフショアのメリット、デメリットについて紹介していました。オフショアに関する内容のある記事チェーンを引き続き、今回の記事でラビローが日本企業とオフショアに関する案件を実施したことから蓄えてきた経験に基づいて、オフショア開発を成功させるための諸留意点やコツなどを説明したいと思います。今回の記事を通じて、オフショア開発の願望のある会社をはじめ、読み手に役立つ知識を提供できることを期待しております。参考にして頂ければ、とても幸甚です。

 

第一のポイント:安い価格を目標にしてオフショア開発案件を実施しないこと

一番大事なことは安いことを目標にしてオフショア開発を実施しない方が良いです。コスト削減はオフショア開発の代表的なメリットと言えますが、安いので、オフショア開発を行うのは大間違いと認識する必要があります。なぜかと言うと、普通、安いものは質の低いものとも意味します。安い理由だけで海外で案件を実施するのは事前に想像しかたい多くの困難やリスクに直面するかもしれません。多くの場合は逆に手間やコストがかかりすぎます。そのため、スタートアップ会社をはじめ、中小企業が資金が少なく、同時にできるだけ素早くシステムを開発したがるので、しっかり相手を取り調べずに、油断してオフショア開発を実施しがちです。要するに、オフショア開発案件を着手する前に、自社の目標を明確すべきです。

 

 

第二のポイント:相応しいオフショア開発の会社をしっかりと選択しましょう

 

 

会社の案件に最もふさわしいオフショア開発の会社をきちんと選抜すべきです。 日本語で対応可能なエンジニアが多く、強い実績がある会社を探し、パートナーとして選択することにこだわりすぎる必要がないと認識した方が良いでしょう。現在、ほとんどのクライアントはとにかく優秀な実績がある会社を選択するきらいがあります。良い実績がある会社は歴然として若い会社より安心感.信頼感をもたらせるかもしれません。「多くの優秀者が一つの団体に集中すると、必ずしも偉大な成果が遂げられるわけがない」と言う諺があります。言い換えると、優秀な会社は必ずしも最高選択肢のわけではないということです。実施するつもりのプロジェックトに対する適切性を念頭に置きましょう。

 

第三ポイント:プロジェックトの進捗状況管理: 

 

 

 遠隔からの指示や要求なので、国内の開発より厳密な管理が必要と言えるでしょう。

 早い期間からできるだけ潜在的なリスクを発見することに取り組むべきです。毎日両側はプロジェックトの進捗、完成度、直面している課題を把握できて、素早く打開策を作成し、処理できるために、詳細的な報告システムを作成すべきです。

 

第四ポイントオフショア開発の開発チームに対する信頼を向上させる必要があること

 お互いに信頼を作れるのはとても重要だとされています。そのため、できるだけ案件開発チームの能力を信用すべきです。相互信頼がなければ、オフショア開発の会社のマネジャーが心配し過ぎる状態に陥りやすいので、システム開発やソフトウェア開発の進捗に時間がかかる恐れがあります。

 現在、多くの日本企業がエンジニアの技能、能力に対する心配があり、信頼感が低いことが明らかになりました。

多くの場合でベトナム開発チームはソフトウェア納期の締め切りの日に近づくとしても、仕事の進捗が遅く展開し、納期延長のリスクの危険度を認識できません。海外開発チームは案件をこんなに早く展開し、完成させる必要がないと勘違いしました。結局、両方は相手を待ち合い、促しない状態に陥ってしまいます。開発チームは簡単なロギック、字の内容を修正しないと要求されるが、一時間から2時間ぐらい完成できると予想しますが、とうとう一日以上かかってしまうケースがあります。そのため、日本クライアント側は不満を持つことに繋がる始末です。しかし、問題は外国人デベロッパーの技能にあることではなく、お互いの信頼にあると言えるでしょう。ソフトウェアやシステムの何かの性能を変え、機能を追加することを実施する時、いくつかの他の関連機能に影響を引き起こすわけです。その時、開発チームのリーダーは日本クライアント側に質問を出しますが、日本クライアント側はそもそもオフショア側に対して信頼不足なので、開発チームの質問に多少に不満を持つようになり、十分な対応しないケースが少なくないと言えるでしょう。結局、開発チームのリーダーはしっかり対応しすぎる状態に陥ってしまって、案件開発における時間がかかる始末です。

第五ポイント: オフショアについての正しい認識がある必要です.

 オフショアは成功魔法の杖ではなくオフショア開発が難しいもので、多くの潜在的なリスクが存在することをはっきりと認識する必要があります。そのため、オフショア開発を着手する前に、発生する恐れがあるリスクを考えておいた方が良いでしょう。

 

第六ポイント: 実際に案件を実施する前に、日本側は海外の開発チームに具体的な仕様や要求を共有すべきです。

 

 現在、オフショア開発における失敗に遭った多くの事例、会社を観察し、分析してみると、日本側がプロジェックトの開発において多くのことを決めすぎる場合があります。

プロジェックトで日本クライアントがソフトウェアの性能、品質を検証して、評価するのは当たり前で必要不可欠なことだとされています。例えば、クライアント側はデータ処理を観察し、決定したうえで、案件開発チームに指示、要求を出します。しかし、多くの場合、外国人エンジニアは何かの水準が適切か認識できない状況に陥ってしまいます。結局としてクライアントの要求に応えられるデータ処理における手間がかかります。また、相談も時間がかかります。当然オフショア開発の効率性を無くすわけです。そのため、効率を向上させ、外国人エンジニアがデータを分別.処理できるように、日本クライアント側が自分の要求や情報などを十分に共有し、シェアすることはとても大事なことです。

 また、ドキュメントはできるだけしっかり作った方が良いです。しかも、開発チームのメンバーに対して「ここまで、こういうことをやって欲しいです」と期待することをきちんと明確に伝えることも大事です。自分たちが求めているものを自分で伝えて、開発メンバーが出してきたアウトプットに対してきちんと自分でレビューをし、フィードバックを返すことが大切です。開発メンバーによしなに任せますと言っただけで成功することは難しいです。

 

第七ポイント:  要求を出すとともに、アウトプットのレビューの時間をかけてきちんとフィードバックするということです。

 

-レビューはとても重要です。オフショア開発を上手く回すコツとして「コミュニケーションをきちんと取ってください」とよく言われますが、その中のひとつのポイントがレビューだとされています。レビューの機会を増やしてさえいただければ、オフショア国にいる開発メンバーのできることはどんどん増えていきます。

「ここはもっとこうしてください、これはこのままでいいのでそのまま進めてください」といった指示で、ソースコードのレビューまでしなくてもいいと思います。出してきたアウトプットがサンプル的な段階か本当に検収を求めてきている段階なのか、どのタイミングでも良いのですが、担当の方がご自身でレビューをするということをぜひ実施していただきたいです。

第八ポイント: 失敗事例から学び

 なぜかと言うと、失敗は成功の基」という諺のように、失敗がつらいことばかりではありません。失敗の意義を気にづければ、早くも遅くも成功に手が届くはずです。オフショア開発と言うと、多くの成功事例の他に、失敗をした事例があるわけです。そのため、オフショア開発願望のある会社にとって、オフショア案件を実施する前に、他の会社の原因を徹底的に分析し、発生する恐れがあるリスクを控える対応策を考えておくべきです。一方、オフショア開発における失敗したことがある会社にとって、再びなぜ自社が失敗したのか、原因がなんだろうって確実に分析すべきです。そこから次の案件に対する対策を作成します。「同じ川に2度入ることができない」というヘラクレイトス-ギリシャ哲学者の名言のように、失敗から学べると、絶対に前のミスの繰り返すことを防ぐはずです。

 

第九ポイント: 他の留意点まとめ

 

 -ほとんどの案件が失敗することにつながる要因はコミュニケーションにおける活動不足です。コミュニケーションにおけるルール化で多くのリスクを控えられるのではないでしょう。簡単に言えば、実際にプロジェックトを実施する前に、スカイプやハングアウトなどコミュニケーションにおける方式を作成し、両側に共有し、厳重に従います。

 -親日で文化や国民性が近い国でオフショア開発を実施するべきです。時差、反日対象によるデモ、文化が違い過ぎることを避けられるのためです。これらの要素はオフショア開発案件に多少に影響を与えるかもしれません。

 -質の高いシステム開発、ソフトウェア開発を主な目標にして、オフショア開発を実施すべきです。案件のコスト削減を中心に置かず、開発とともに研究を目指しましょう。

 -コスト削減目標とエンジニアの能力確保におけるバランスを見極めるべきです。安すぎる費用見積書を出すオフショア会社に十分に注意すべきです。

 -開発メンバーが何をアウトプットしてきているか、しっかりきちんと見る。そこに時間を割けば、ある程度問題が起きてもすぐリカバリーできます。これに手をかけない方も時にはいらっしゃいますが、それがシステム開発、オフショア開発失敗の原因の一つだと言えるでしょう。

 上記はオフショア開発を成功させる秘訣やコツを紹介しました。当然言うまでもなく、これは参考的な内容のみです。しかし、このような内容を徹底的厳守すれば、必ず成功を収めるはずです。上記のような弊社がまとめ、分析したコツで皆様のオフショア開発案件が早めに実が結ばれることを心より祈りいたします。本記事が役立つだと思われて、ご共有して頂ければ、、幸甚に極まります。

オフショア開発カテゴリの最新記事