ベトナムにおけるアウトソーシング事業ー日系企業の最適なソリューション

ベトナムにおけるアウトソーシング事業ー日系企業の最適なソリューション

近年、ベトナムはグローバルテクノロジーコミュニティ、特に日本に対して理想的なオフショア開発、又はアウトソーシングサービス市場となっています。比較的に安いオフショア開発のコスト、高度なスキルを持つIT労働力および最新テクノロジーの専門家により、ベトナムにさまざまな形でソフトウェア開発プロジェクトを展開することは多くの企業にとって魅力的な選択肢になっています。

ベトナムでのアウトソーシングサービス事業の拡大は、アメリカ、日本、オーストラリアの有名なテクノロジー企業であるインテル、IBM、マイクロソフトなどからの高い投資成長率で明らかに見えます。多くの大手企業がベトナムで支社や事務所を設置している以外にも、ベトナムでプロジェクトを展開するためにソフトウェア開発者を採用しています。

この記事を読んで、ベトナムのアウトソーシングサービスが流行になっている理由を理解しましょう。私たちは、理想的なアウトソーシング企業を選択するため、客観的な判断とその証明を紹介させていただきます。

1. ポテンシャルのある若いエンジニア

Rabilooの若くて、経験値が高いエンジニア達

長い間、多くの先進国は、エンジニア不足という問題に悩んでいる一方、ベトナムではには、才能のある開発者の数は常に増加しています。ベトナムでは、2020年まで、現在の約35万人のIT業務労働力から100万人に達する国家計画を推進しています。ベトナム政府は、IT労働力の割合を増加するとともに、現在の925万人の総人口からおよそ1年間100万人増加させ続けています(国際連合人口基金の2014年報告による)。

また、日本の平均年齢が45.8歳のに対して、ベトナムの平均年齢は28.7歳ですから、若手技術者が多いわけです。

2. 低い費用で高度の労働者を採用できる

アジアの各国エンジニア平均給料の比較表

ベトナムでソフトウェア開発者の採用コストは、日本での費用と比較すると、非常に低いです。例えば、Rabilooの調査によると、ニッセングループが中国人に支払う月給は30万円、インド人なら40万円です。一方、ベトナム人の月給は約20万円しかありません。これは、日本で開発者に支払う金額よりも3分の1の金額です。

3. 発展の基礎である安定性

数年前にアウトソーシング活動の重要な拠点であったエジプトは、国内の不安定な政治環境により、発展を阻んでいます。スリランカにも多くの国内闘争がありますが、ベトナムには過去30年間、同じ与党で安定した政治環境が続いています。ベトナムも着実な経済成長を遂げています。GDP成長率は約7.4%です。これは、同じ地域の他の国と比べるとかなり高いです。人口の約90%はベトナム人であり、ほとんどは宗教に従いません。つまり、民族的又は宗教的紛争の理由はほぼありません。

さらに、2020年の初めにコロナウイルが流行し、世界のすべての国の経済発展に大きな影響を与えた期間中にも、ベトナムにはすべての職業に影響を与えることを防止するため、積極的に状況をコントロールし、安定した環境を維持しています。ベトナムを選択すると、作業の進行が何らかの理由で中断されないことが保証されると言えるでしょう。

ベトナムの過去10年間のGDP

4. 転職傾向

転職傾向が増加している中国とインドの一方、ベトナム人の開発者は自分の仕事に満足しており、転職する可能性も極めて低いです。その上、日本人と同じように、ベトナム人も協力の精神の重要性を理解しています。ニッセングループの常務取締役である市場信行氏によると、「ベトナムでのパートナーは、私たちのシステムを簡単に経験し、理解を深めることができます」。

5. 急速な成長率で最新のテクノロジーの学習

過去10年間で、ベトナムの業務プロセスアウトソーシング(BPO‐Business Process Outsourcing)の成長率は、毎年20%〜35%増加しています。ベトナムソフトウエア・情報技術サービス協会(VINASA)によると、IT産業の成長率は2003年と比較して1000倍以上増加しています。2003年には、IT業界全体はわずか5,000人のエンジニアで、約6,200万ドルの収益を生み出しましたが、2016年には、20万人のエンジニアが市場に集まり、収益は30億ドル以上に達しました。さらに、ベトナムのITビジネスは技術の改善が進みつつ、製品とサービスの品質を高めており、国内需要だけでなく、国際市場の高い要件にも対応できるよう努めています。

ベトナムの技術者は、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、機械学習、クラウドコンピューティングなどの最新のテクノロジーを常に学習しており、新しい物に挑戦する心を持っています。さらに、ベトナムの開発者は、確かな技術スキルも持っており、世界中の何百万人のユーザーが使用している大規模で複雑なITプロジェクトでの作業経験もあります。

6. 日本のパートナー向けの優先度と特別オファー 

ベトナムと日本は1973年に外交関係を公式に樹立しました。過去45年間、両国は多くの分野で互いに重要な戦略的パートナーになりつつあります。政治的には、両国のトップリーダーが定期的に相互訪問を行っています。2017年、初めて5回の訪問が1年以内に行われました。その内、天皇皇后両陛下のベトナム国御訪問はベトナム国にとって歴史的な出来事になりました。

経済的には、日本はベトナムでODAの最大の援助供与国であり、ベトナムで第4番目に大きい貿易相手国である最も重要なパートナーとも言えます。

この友好的な関係のおかげで、ベトナムでオフショア開発を行う日本企業は、ここで多くのインセンティブを享受することができます。

7. 言語と文化の壁を乗り越える 

ベトナム人は日本人のマインドセットとかなり近い、また近年に、ベトナム人のエンジニアの日本語力を向上させる教育も重視されています。現在、ベトナムの教育機関は、ただ1つの外国語ではなく、第2の外国語として英語と日本語を教わっています。これは必然的に、言語と文化を伝達し、経験し、国際的な雇用主の要求を満たす能力を高めることを期待しています。

ベトナムのIT専門家の英語と日本語の能力は、全国平均よりも高いことがよく見えます。他の要因も含め、ベトナムは世界中の主要なITアウトソーシング先の1つになっています。

オフショア開発カテゴリの最新記事