「アウトソーシング」2つの選択 – 正しい選択はどちらでしょう?

ITアウトソーシングとは、ソフトウェアの一部またはすべての作業を内部で行うのではなく、外部に委託するというサービスです。アウトソーシングというサービスは大きく分けて2種類にあります。それはプロジェクトベースアウトソーシング(プロジェクト毎にご依頼すること)および レイバーアウトソーシング(人材を雇って実施すること)です。サービスを正しく選択すると、ビジネスの効率も向上し、コストも大幅に削減できます。もしかしてあなたは以上の提案を検討しているマネージャーであれば、この記事が必ず役立つと思います。

目次

1. ラボアウトソーシングとプロジェクトベースアウトソーシングの違い

2.それぞれのメリット・デメリット

3.「ラボアウトソーシング」「プロジェクトベースアウトソーシング」御社にとってはどちらが良い選択?

ラボアウトソーシングとプロジェクトベースアウトソーシングの違い:

ラボアウトソーシングとプロジェクトベースアウトソーシングの違いの説明から始めましょう。

プロジェクトベースアウトソーシングとは、顧客の人材は開発チームに参加せず、アウトソースの会社が顧客からの受託依頼を受け入れ、プロジェクトを初めから終わりまで実行するというサービスです。アウトソースのITエンジニアは普段同時に複数のプロジェクトで働いていて、プロジェクトに基づいて開発チームが柔軟に変更することができます。実施コストは、プロジェクトの規模とハードルの高さに従って計算されます。

ラボアウトソーシングとは、御社のプロジェクトを実施するため、求められるスキルを持ち、信頼ができるアウトソースからエンジニアを雇い、実施チームを構築します。そのチームは監督下に置かれ、遠隔プロジェクトを実施します。 

多くの場合、そのエンジニアチームは社内の開発者と協力して、顧客要望に合わせてプロジェクトを開発します。依頼する企業がリモートエンジニアリングチームの効率とワークフローを管理し、タスクを割り当てます。開発チームの変更は、御社からの要求または承認に沿っ実施します。会社は高度の専門化の検索、トレーニング、直接管理、人材派遣を担当します。コストは、プロジェクト全体の従業員数に基づいて計算されます。

つまり、大きな違いは、プロジェクトベースは製品の結果に焦点する[一方で、ラボアウトソーシングは人的要素人的要因とプロジェクトの開発プロセスに焦点するということです。を当てていることである。

2.それぞれのメリット・デメリット

プロジェクトベースアウトソーシングのメリットは、委託を受ける企業がプロジェクトの開発作業のほぼ最初から最後まで担当するため、時間と人的資源の管理コストを節約できます。エンジニア達は開発チームを構築し、プロジェクトの管理、進捗状況の報告および製品品質の管理を実施します。それに従って、節約できる時間をビジネスのコアバリューの開発に集中することが可能です。

このサービスのデメリットは、プロジェクトの実施プロセスの監視における制限です。完成品を受け取った後、新しい要求が発生する場合、双方が話し合って、再度契約を結ぶ必要があります。また、プロジェクトの使用を最初から準備する必要がありますが、この仕様を確認するのは非常に困難です。さらに、顧客と定期的なコミュニケーションが不足しているから、プロジェクト要件に関する誤解が重大なミスにつながり、納期が遅延を引き起こす場合があります。

それに対して、ラボアウトソーシングのメリットは、プロジェクトを完全に制御および監視できることであります。人員の変更は非常に少なく、ITエンジニアのチームは最初からプロジェクトをフォローし、問題が発生したときに協力し合いながら解決するのは容易になります。コストの面で柔軟性が高まり、要件の変化に応じてプロジェクトチームのメンバーを簡単に追加または削除できます。さらに、このサービスでは、最初からプロジェクトの仕様を十分に準備しなくても構わなく、ミスが発生したらすぐに見つけて修正することができます。

ラボアウトソーシングのデメリットは、プロジェクトの監視にはアウトソーシング企業との継続的なコミュニケーションとコラボレーションが必要です。特に外国企業のアウトソーシングサービスを使用する場合、時差や言語の壁が困難になる可能性があります。 プロジェクトベースアウトソーシングにもこの困難があるかもしれないが、双方の間のコミュニケーションがそれほど多くないから、大したことはありません。さらに、最適なチームを直接選択できるよう、社内の管理者・スタッフがIT分野における専門的な知識が求められます。

3.「プロジェクトベースアウトソーシング」「ラボアウトソーシング」御社にとってはどちらが良い選択?

 低コストと優れた品質であるため、多くの企業がITアウトソーシングを使用しています。「プロジェクトベースアウトソーシング」「ラボアウトソーシング」の両方は、妥当なコストで迅速に進歩し、結果をもたらします。 それで、どのサービスの方が良いですか?

上記のいずれかを決定するのに悩んでいるなら、次のヒントを参考にしてください。

1. プロジェクトベースアウトソーシングは、以下の場合に適しています。

御社は、できるだけ早く完成させたい小規模短期プロジェクトを持っています。プロジェクトですべての仕様を用意しました。プロジェクトを綿密に監視できない又は監視の必要はありません。

2. ラボアウトソーシングは、以下の場合に適しています。

御社は、大規模プロジェクト又は長期プロジェクトを持っている。

プロジェクトの仕様が十分に用意していなく、自分の希望に応じて調整したいです。エンジニアチームとプロジェクトの進捗状況を綿密に監視の必要があります。プロジェクトチームのメンバーを柔軟に追加できます。

つまり、上記のいずれかはコストを最小限に抑え、最終的なサービス品質を顧客に保証するという共通の目標を中心に展開します。したがって、どのようなサービスでも御社のビジネスに役立つと思います。ただし、ビジネスのニーズと実際の状況に適するサービス選択するには、「プロジェクトベースアウトソーシング」「ラボアウトソーシング」を正確に区別する必要があります。

ビジネスの為のITソリューションをお探しですか?今すぐ気軽にRabilooお問い合わせお願いします!

オフショア開発カテゴリの最新記事