ベトナムにおける信頼できるアウトソーシングパートナー選び6つのコツ

ベトナムにおける信頼できるアウトソーシングパートナー選び6つのコツ

ベトナムにおけるソフトウェアアウトソーシング会社の中に、良い相手を見つけるには?

日本だけでは無く、世界における全ての企業が利益を増やすためにコストを削減しようとします。そのような背景の中にアウトソーシングが活用されます。アウトソーシングにより、企業がより安価で多様な人材にアプローチをすることができます。ベトナムのような発展途上国でより多くの雇用を創出できると同時に、ご利用企業に大きな利益をもたらし、時間もコストも最適化され、相互利益な関係です。

但し、アウトソーシングのメリットを生かすため国を選ぶのは重要です。インドはソフトウェアアウトソーシングの国として有名ですが、インド市場が既に飽和に達しておりますのでベトナムのような東南アジア諸国に目を向けるようになってきました。その需要に応じてベトナムにおける多くのソフトウェア開発会社がオフショアリングサービスを提供しています。

どうすれば良い会社を選択できるでしょうか?

以下6つ ポイントを確認しましょう。

関連記事:

1.ソフトウェア開発会社の信頼度

その企業の情報を確認しましょう:

–   いつから設立された会社ですか?成長していますか?

–   貴社が望ましい資格などを持っていますか?

–   その企業のエンジニアチームはどうですか?品質にこだわりをもってますか?

–   開発したプロジェクトの品質が高かったですか?

–   他のお客さんの口コミも確認しましょう。

ベトナムにおけるソフトウェア開発会社の信頼性を確認する方法:

–         LinkedInでの友人/同僚/ネットワークに紹介を依頼します。

–         ベトナムでのソフトウェア開発コミュニティのフォーラムなどに投稿します。

–         企業のホームページまたはSNSチャンネルで確認します。

–         グーグルでその企業の活動を調べます。

–         直接に連絡し、相談またお問い合わせします。

–         面談により最も良い3~5企業を選び、詳細な提案を求めます。

2. 人材の専門知識及び技術レベル

各ソフトウェア会社の人材を慎重に検討してください。まず、人材規模が貴社のプロジェクトの人材ニーズを満たすかどうか確認しましょう。なお、その企業の開発者・専門家達はプロジェクトを実施できる技術及び専門的な知識を持っているかどうかも確認しましょう。

3. プロジェクト・サービスの品質

ソフトウェア開発会社の製品と事業のポートフォリオを見て、適合性を検討しましょう。

その企業が既に実施したプロジェクト及びケーススタディによりプロセス、プロジェクト管理能力、プロジェクト完成度、要件を満たす程度、人材の質、完成期間、パフォーマンスを評価してください。それに基づいて最も適当な企業を判断できます。

4. コスト

プロジェクトの仕様書を送り見積を依頼してください。貴社の予算を検討の上決定しましょう。大事なのは高い安いだけではなく、「貴社にお手頃の値段」と「その値段に価値がある」というものです。

5. ワークスタイル

パートナーパートナを選択するとき「プロ」という要素を軽視してはいけません。長期的に協力できるかどうか不可欠な要素です。

最良な品質に最善を尽くすため、プロジェクトでの実現可能な点・不可能な点を指摘でき、的確なアドバイスを出せる会社を選びましょう。

提案を出したり、問題を聞いたりするとき、お客さん(貴社)の立場に立って思考を見極めることが重要です。

6. 言語、コミュニケーション

言語の違いは仕事の大きな壁です。作業の進捗を確保する、またトラブルを迅速に解決できるため貴社の母国語でコミュニケーションを取れる会社を選びましょう。「お客様」だけなく「友達」として扱ってくれたら最も良い体験になるのではないでしょうか?

以上6つポイントを知った上で、弊社(Rabiloo)のようなベトナムにおける良いソフトウェア会社を選択できると信じています。プロジェクトが成功するように祈っています。

オフショア開発カテゴリの最新記事