アウトソーシング、オフショアリング、コントラクティング の区別

アウトソーシング、オフショアリング、コントラクティング の区別

グロバールサプライチェーンの最も誤解しやすい側面の一つとして、外部委託(アウトソーシング)、海外への業務委託(オフショアリング)と時期による業務委託(関連会社への業務委託)といった3つのことがとらえています。驚くほど多くの人がこれらの用語を混同しています。しかし、それらは別々の概念です。本記事は以上3つの形態を分かりやすく解説し、区別していきます。

本記事は以下の内容を簡単にご説明いたします。

1.アウトソーシング、オフショアリングとコントラクティングとは?

2.アウトソーシング、オフショアリングとコントラクティングの違いは?

アウトソーシング、オフショアリングとコントラクティングとは?

外部ソフトウェア開発委託(アウトソーシング)は国内の独立したサードパーティサプライヤーから製品又はソフトウェアサービスを手に入れることを指す一方、海外への業務委託(オフショアリング)は企業が自社の業務の一部又は全部を海外に委託することです。有期業務委託(コントラクティング、関連会社への業務委託)はアウトソーシングの特別の形態であり、サービス利用企業が完全に施設・設備・機器を所有し、サービス提供企業の株式を所有していますが有期契約でサービス提供企業に業務を委託するようにすることを意味します。

例えば、ベトナム企業が株式会社Rabilooにソフトウェア開発を委託することはアウトソーシングと言います。中国企業は既存の技術プラットフォームを強化するため、Rabilooの技術者のチームを雇用することはオフショアリングです。それに、企業は大手企業からソフトウェア開発委託契約を受け取り、それを自社の子会社又は子組織に委託することはコントラクティングです。

アウトソーシング、オフショアリング、コントラクティングの違い

アウトソーシングは、本業以外の専門性が高く、企業の外部により行われる作業を減らすため、頻繁に大手企業に使用されています。オフショアリングは人件費が安価な発展途上国の人材を活用することにより、コスト削減のために選ばれています。一方、コントラクティングが管理者に利用されている理由は人材管理の融通性があり、従来の人材雇用における長期雇用の維持と解雇の負担を軽減するそのメリットです。

アウトソーシングは委託企業がプロジェクトの展開プロセスや人材管理の遂行に手間がかかりませんから時間を節約し、会社のコア業務に人的資源を集中する目的として活用されています。オフショアリングは基本的にアウトソーシングと同じですがアウトソーシングよりコスト削減に注目しています。そして、コントラクティンはアウトソーシングの特別な形態であり、サービス提供先が独立した組織ならアウトソーシングの一つの形態である一方、サービス利用先がそのサービス提供会社を所有する場合、コントラクティン形態と言います。したがって、コントラクティンとはアウトソーシングと異なり、採用先がプロジェクトの進捗状況と人材管理を注意深く監視する必要があります。

アウトソーシングとコントラクティングは同じ地域で実行できるため、国内の労働市場に損害を与えないわけです。それに対して、オフショアリングでは海外人材を活用するため、国内の労働市場に損害を与える恐れがあります。

又、アウトソーシングとコントラクティンは地方の施設で行われるので、コミュニケーションに問題がない一方、オフショアリングは言語の違いとコミュニケーションといった大きな障壁があることで、両方の協力関係とサービス・製品の品質に悪影響を与えることに繋がる可能性があります。要するに、アウトソーシング、オフショアリングとコントラクティングの共通点は企業のソフトウェア委託の形態であり、それらの用語は混同されるがちです。ですから、外部委託サービスを選び、契約を結ぶにはその本質と定義を理解することが非常に重要です。

オフショア開発カテゴリの最新記事