• 2019.07.09

オフショア開発を成功させるための9秘訣

前記事でオフショアやオフショアのメリット、デメリットについて紹介していました。オフショアに関する内容のある記事チェーンを引き続き、今回の記事でラビローが日本企業とオフショアに関する案件を実施したことから蓄えてきた経験に基づいて、オフショア開発を成功させるための諸留意点やコツなどを説明したいと思います。今回の記事を通じて、オフショア開発の願望のある会社をはじめ、読み手に役立つ知識を提供できることを期待しております。参考にして頂ければ、とても幸甚です。   第一のポイント:安い価格を目標にしてオフショア開発案件を実施しないこと 一番大事なことは安いことを目標にしてオフショア開発を実施しない方が良いです。コスト削減はオフショア開発の代表的なメリットと言えますが、安いので、オフショア開発を行うのは大間違いと認識する必要があります。なぜかと言うと、普通、安いものは質の低いものとも意味します。安い理由だけで海外で案件を実施するのは事前に想像しかたい多くの困難やリスクに直面するかもしれません。多くの場合は逆に手間やコストがかかりすぎます。そのため、スタートアップ会社をはじめ、中小企業が資金が少なく、同時にできるだけ素早くシステムを開発したがるので、しっかり相手を取り調べずに、油断してオフショア開発を実施しがちです。要するに、オフショア開発案件を着手する前に、自社の目標を明確すべきです。     第二のポイント:相応しいオフショア開発の会社をしっかりと選択しましょう     会社の案件に最もふさわしいオフショア開発の会社をきちんと選抜すべきです。 日本語で対応可能なエンジニアが多く、強い実績がある会社を探し、パートナーとして選択することにこだわりすぎる必要がないと認識した方が良いでしょう。現在、ほとんどのクライアントはとにかく優秀な実績がある会社を選択するきらいがあります。良い実績がある会社は歴然として若い会社より安心感.信頼感をもたらせるかもしれません。「多くの優秀者が一つの団体に集中すると、必ずしも偉大な成果が遂げられるわけがない」と言う諺があります。言い換えると、優秀な会社は必ずしも最高選択肢のわけではないということです。実施するつもりのプロジェックトに対する適切性を念頭に置きましょう。   第三ポイント:プロジェックトの進捗状況管理:       遠隔からの指示や要求なので、国内の開発より厳密な管理が必要と言えるでしょう。  早い期間からできるだけ潜在的なリスクを発見することに取り組むべきです。毎日両側はプロジェックトの進捗、完成度、直面している課題を把握できて、素早く打開策を作成し、処理できるために、詳細的な報告システムを作成すべきです。   第四ポイント:オフショア開発の開発チームに対する信頼を向上させる必要があること  お互いに信頼を作れるのはとても重要だとされています。そのため、できるだけ案件開発チームの能力を信用すべきです。相互信頼がなければ、オフショア開発の会社のマネジャーが心配し過ぎる状態に陥りやすいので、システム開発やソフトウェア開発の進捗に時間がかかる恐れがあります。  現在、多くの日本企業がエンジニアの技能、能力に対する心配があり、信頼感が低いことが明らかになりました。 多くの場合でベトナム開発チームはソフトウェア納期の締め切りの日に近づくとしても、仕事の進捗が遅く展開し、納期延長のリスクの危険度を認識できません。海外開発チームは案件をこんなに早く展開し、完成させる必要がないと勘違いしました。結局、両方は相手を待ち合い、促しない状態に陥ってしまいます。開発チームは簡単なロギック、字の内容を修正しないと要求されるが、一時間から2時間ぐらい完成できると予想しますが、とうとう一日以上かかってしまうケースがあります。そのため、日本クライアント側は不満を持つことに繋がる始末です。しかし、問題は外国人デベロッパーの技能にあることではなく、お互いの信頼にあると言えるでしょう。ソフトウェアやシステムの何かの性能を変え、機能を追加することを実施する時、いくつかの他の関連機能に影響を引き起こすわけです。その時、開発チームのリーダーは日本クライアント側に質問を出しますが、日本クライアント側はそもそもオフショア側に対して信頼不足なので、開発チームの質問に多少に不満を持つようになり、十分な対応しないケースが少なくないと言えるでしょう。結局、開発チームのリーダーはしっかり対応しすぎる状態に陥ってしまって、案件開発における時間がかかる始末です。 第五ポイント: オフショアについての正しい認識がある必要です.  オフショアは成功魔法の杖ではなくオフショア開発が難しいもので、多くの潜在的なリスクが存在することをはっきりと認識する必要があります。そのため、オフショア開発を着手する前に、発生する恐れがあるリスクを考えておいた方が良いでしょう。   第六ポイント: 実際に案件を実施する前に、日本側は海外の開発チームに具体的な仕様や要求を共有すべきです。    現在、オフショア開発における失敗に遭った多くの事例、会社を観察し、分析してみると、日本側がプロジェックトの開発において多くのことを決めすぎる場合があります。 プロジェックトで日本クライアントがソフトウェアの性能、品質を検証して、評価するのは当たり前で必要不可欠なことだとされています。例えば、クライアント側はデータ処理を観察し、決定したうえで、案件開発チームに指示、要求を出します。しかし、多くの場合、外国人エンジニアは何かの水準が適切か認識できない状況に陥ってしまいます。結局としてクライアントの要求に応えられるデータ処理における手間がかかります。また、相談も時間がかかります。当然オフショア開発の効率性を無くすわけです。そのため、効率を向上させ、外国人エンジニアがデータを分別.処理できるように、日本クライアント側が自分の要求や情報などを十分に共有し、シェアすることはとても大事なことです。  また、ドキュメントはできるだけしっかり作った方が良いです。しかも、開発チームのメンバーに対して「ここまで、こういうことをやって欲しいです」と期待することをきちんと明確に伝えることも大事です。自分たちが求めているものを自分で伝えて、開発メンバーが出してきたアウトプットに対してきちんと自分でレビューをし、フィードバックを返すことが大切です。開発メンバーによしなに任せますと言っただけで成功することは難しいです。 […]

  • 2019.07.09

オフショア開発が失敗する10つの根本的な要因

この数十年、オフショアを実施する会社の数が増加してきました。ただ、オフショア開発に対するの評価が何かネガティブな感じがします。「オフショア開発が絶対成功しない」や「未だにオフショア開発に信じる人がまだいるんじゃん」という考えがあります。しかし、厳密に言えば、現在オフショア開発案件がかなり多いのではないでしょうか。それではなぜ例外があるでしょうか。当然原因があるわけです。これから、オフショア開発の基本的な失敗原因を調べましょう。本記事を通じて、オフショア開発願望のある会社がこれからミスを避けられ、失敗したことがある会社が前の自社のミス、イメージを振り返られることを期待しております。  オフショア開発を行うのは失敗する場合は少なくないと言えます。しかし問題になるのはオフショア開発会社や開発チームにあるだけではありません。オフショア開発の失敗原因は日本クライアントにもあると言えるでしょう。 日本クライアント側にある失敗原因   1.安い価格を目標にしてオフショア開発案件を実施すること 一番大事なことは安いことを目標にしてオフショア開発を実施しない方が良いです。コスト削減はオフショア開発の代表的なメリットと言えますが、安いので、オフショア開発を行うのは大間違いと認識する必要があります。なぜかと言うと、通常安いものは質の低いものとも意味します。もちろんずべてではありません。安いコストで質の高いものを得られる場合が少なくありません。ところが、安い理由だけでせっかく海外で案件を実施するのは事前に想像しかたい多くの困難やリスクに直面するかもしれません。多くの場合は逆に手間やコストがかかりすぎます。そのため、スタートアップ会社をはじめ、中小企業が資金が少なく、同時にできるだけ素早くシステムを開発したがるので、しっかり相手を取り調べずに、油断してオフショア開発を実施しがちです。要するに、オフショア開発案件を着手する前に、自社の目標を明確すべきです。安い価格とコスト削減でオフショ開発を実施すれば、いずれ失敗に遭うに違いありません。 2.コミュニケーション不足  海外開発チームとクライアント側との情報交換やコミュニケーションが徹底的に確保できるのは案件の成功につながる重要なキーとされています。クライアントは開発チームに案件を任せて、要求や納品期間を出してから、案件の進捗に関する情報を一カ月ぐらいに一回連絡する事例を想像してみましょう。この案件は成功を収めにくいと言っても過言ではありません。一方、よくコミュニケーションを取ることで案件に問題が発生すれば、素早く解決できるに違いません。しかも、両側の相互理解を深めることができます。案件が必ず順調に進むはずです。そのため、案件初過程からコミュニケーションルール化しましょう。どういうふうに行ったらよいでしょうか。例えば、スカイプやハングアウトなどコミュニケーションにおける方式を作成し、両側に共有し、厳重に従います。他に、基本的にはメールでやり取りをします。特別な理由がない限り24時間以内に返信します。1週間に1度はスカイプなどでミーティングを行います。このように厳守できれば、開発チームとクライアント側とのコミュニケーションは確保できると言えるでしょう。 3.管理不足  発注側の丸投げによるオフショアベンダーへの管理不足です。コミュニケーションがうまく取れないからといって、オフショアベンダーに丸投げをしている場合、システム開発のプロジェクトにおいても全体の進捗が管理できません。さらにリスクも内在しているにも関わらず、丸投げをしている場合には何も見ることができず、リスクへの対策を講じることもできません。 4.開発のブラックボックス化  オフショア開発は地理的にも離れていることもあり、現地でどのような開発をしているかの内容を具体的に目で見て把握することができません。そのため、進捗内容は全てレポートか電話会議を利用したものとなりますが、相手を信用するしかなく、開発のブラックボックス化がどんどん深刻化していきます。 5.オフショア開発会社選択での問題 オフショア開発会社と言っても、色々な企業があります。国によっても特徴やサービス形態も異なります。例えば、親日国でもあるベトナム企業には日本語でのコミニュケーションに強みを持ちます。一方、第2カ国語として英語が活用されているフィリピンでは、開発の現場でもやはり英語コミュニケーションに強みを持っています。自社で開発会社を探す場合は、各国企業の特徴を理解した上で自社でコンタクトを取り見積を集め、比較検討する必要があります。そのため、労力もかかる上に、特にはじめての導入の場合は自社で調査し比較検討して発注先を決めたけど、失敗したというお声を聴くことも多々あります。実際に「納期を守ってくれなかった」「最初に言ってることと違かった。。。」「仕様書と全く異なる納品が届いた。。」「対応が悪い」などのお声を聞くことがあります。海外が故にコミュニケーションが難しいこともあり、そういったクレームを生む原因になります。やはり、開発会社選びがオフショア開発導入の成功を左右するのです。  また日本語で対応可能なエンジニアが多く、強い実績がある会社を探し、パートナーとして選択することにこだわりすぎる必要がないと認識した方が良いでしょう。現在、ほとんどのクライアントはとにかく優秀な実績がある会社を選択するきらいがあります。良い実績がある会社は歴然として若い会社より安心感.信頼感をもたらせるかもしれません。「多くの優秀者が一つの団体に集中すると、必ずしも偉大な成果が遂げられるわけがない」と言う諺があります。言い換えると、優秀な会社は必ずしも最高選択肢のわけではないということです。実施するつもりのプロジェックトに対する適切性を念頭に置きましょう。オフショア開発会社を選択するのは案件の成功に大いに影響を与えるためです。 6.日本側はプロジェックトの開発において多くのことを決めすぎます。  プロジェックトで日本クライアントがソフトウェアの性能、品質を検証して、評価するのは当たり前で必要不可欠なことだと言われています。例えば、クライアント側はデータ処理を観察し、決定したうえで、案件開発チームに指示を出します。しかし、多くの場合、外国人エンジニアは何かの水準が適切か認識できない状況に陥ってしまいます。結果としてクライアントの要求に応えられるデータ処理における手間がかかります。相談も時間がかかります。オフショア開発の効率性を無くします。そのため、効率を向上させ、エンジニアがデータを分別.処理できるために、日本クライアント側が自分の要求や情報などを十分に共有し、シェアすることはとても大事なことです。しかも、開発チームの意見をきちんと参考にするのは極めて重要だとされています。 7.海外のエンジニアの技能、能力に対する心配があり、信頼感が低いこと  多くの場合で開発チームは製品の納期の締め切りの日に近づくとしても、仕事の進度が遅く展開し、納期延長のリスクの危険度を認識できません。開発チームは案件をこんなに早く展開し、完成させる必要がないと考えてしまうことを誤解します。結局、両方は相手を待ち合い、促しない状態に陥ってしまいます。開発チームは簡単なロギック、字の内容を修正しないと要求されるが、一時間から2時間ぐらい完成できると予想しますが、とうとう一日以上かかってしまうケースがあります。そのため、日本クライアント側は不満を持つことに繋がります。しかし、問題は外国人デベロッパーの技能にあることではなく、お互いの信頼にあると言えるでしょう。ソフトウェアの何かの性能を変えることを実施する時、いくつかの他の関連機能に影響を引き起こすわけです。その時、開発チームのリーダは日本クライアント側に質問を出しますが、日本クライアント側はオフショア側に対して信頼感不足なので、開発チームの質問に多少に不満を持つようになり、十分な対応しないケースが少なくないと言えるでしょう。結局、開発チームのリーダはしっかり対応しすぎる状態に陥ってしまって、案件開発における時間がかかるのです。案件の品質に多少に影響をもたらすとえるでしょう。   オフショア開発会社における失敗原因   8.日本的な開発スタイルに慣れていないこと  文化等のバックグラウンドが違う場合、どうしても異なった開発スタイル・プロジェクト進捗の管理を行います。また、技術力はともかくとして、まだ、こちらのエンジニアにはプロジェクト管理という概念が浸透していなような気がします。品質のクオリティであったり、仕事場の緊張した雰囲気など、その辺が欠けているケースがあります。 9.コミュニケーション能力  日本側、中国側両方に言える事ですが、コミュニケーションをしっかり取るという文化を醸成する事です。オフショアに限らず、エンジニアの方というのは国籍を問わず、コミュニケーション能力は高くないケースが多いと思います。文化も言葉も違う、距離も離れている、時差も多少ある中では、通常考えている以上にコミュニケーションを取らないと案件がうまくいかないと思います。 10.顧客へのサービス概念の欠如  顧客へのサービス、これで商売しているわけですが、彼らは顧客であっても、上司であっても、人対人という関係で対応します。日本の下請け会社のように、発注先の理不尽な無理を聞いたりはしません。また、レストランやお店とかでもそうなんですが、国全体として「サービス」という概念がやや弱いような気がします。  上記は今までのオフショ開発における失敗事例からまとめ、分析された10つの根本的な要因です。上述のような要因で多くのオフショア開発プロジェックトは成功を収めることができません。なぜオフショア開発が失敗したのか確実に認識出るのはとても大事なことです。しかも、どのようなリスクが想定され、どのようにリスクヘッジをしていくか、コミュニケーションを仕組み化していかに円滑に進めることができるかがとても重要です。皆さまがチャンスを活用してオフショアにおける成功を収めることを根底より祈願いたします。本記事が役立つ参考資料になることを期待しております。オフショア開発における失敗原因についての記事の他に、弊社はオフショア開発、オフショア開発のメリット、なぜベトナムでオフショア開発すべきかという様々な記事がありますので、ご興味があれば、ぜひともご覧になってください。ご閲覧を頂ければ、とても幸いです。

  • 2019.07.09

アウトソーシングについて知っておくべきこと

前回の記事でオフショア開発に関する6つの根本的な点について説明いたしました。オフショアに関する内容がある記事チェーンを引き続き、今回の記事で近年多くの企業に対してよく耳にする身近になってくるかもしれない言葉であるアウトソーシングについて紹介したいと思います。 オフショアとアウトソーシングの相違点はなんだろうと聞かれたら、すぐ答えられるでしょうか。さぞ直ちに答えを言い出せる人があまり多くないかもしれません。それでは、まず、オフショアとアウトソーシングについての相違点を理解しましょう。 オフショアとアウトソーシングの区別 「オフショア」とは「【海外】に移管・委託」することを指します。言い換えると、オフショア開発とは海外でシステム開発を行うことを言います。 オフショアの一言でいうと、ニアショアよりも距離が離れた国(日本であればインドネシアなど)の場合に使用されます。オフショアのメリットはコスト削減、優秀な人材確保や短期納品などが挙げられます。一方、デメリットとしては、コミュニケーションギャップや時差、文化、職場マナーにおける違いなどが挙げられます。しかし、アウトソーシングは多少に違います。 「アウトソーシング」とは、オンショア、二アショア、オフショアを含みます。言い換えると、アウトソーシングの方がオフショアより広い意味があるものです。アウトソーシングとは社外から生産に必要な部品・製品を調達したり、業務の一部を一括して他企業に請け負わせることです。簡単に言えば、「アウトソーシング」とは単に「社外」を指します。 上記はオフショアとアウトソーシングの基本的な違いのみです。読み手にアウトソーシングに関する概要的な知識を提供できるように、本記事で新たな視点の下でベトナムにおけるアウトソーシング市場をはじめ、アウトソーシングに関する知っておくべきことを紹介させていただきます。本記事を通じて、アウトソーシングをはじめ、アウトソーシングとオフショアの相違点を十分に理解できることを期待しております。本記事は読み手に対する役立つ資料になれば、幸い極まりです。 アウトソーシングの概念 アウトソーシングとは、特定のビジネスプロセスの処理について、自社から独立した外部企業に委託することです。アウトソーシングは社外の資源の利用を示します。企業は外部企業のサービスを「購入」してアウトソーシングを行います。情報技術分野でアウトソーシングというものはソフトウェア加工という意味です。アメリカや日本といった先進国はソフトウェア開発を目指にしてベトナムなどの発展途上国の人材を探し、現場の人材を雇用します。アウトソーシングを行う際、社内で企画立案を行い、実際の業務実施のみを委託することもあれば、企画立案から業務遂行まで全てをアウトソースする場合もあります。 最近ではアウトソーシングはさらに進化しています。単なる事務仕事の外注を超える意味を持ちはじめています。企業競争力向上、効率、スピード、品質の向上、人の再配置による企業再構築などの高い付加価値を生むことを目指し、アウトソーシングが活用されはじめているのです。 ところで、アウトソーシングのメリットはなんでしょうか。なぜ、企業はアウトソーシングすべきでしょうか。この内容をより深く理解できるように、以下はアウトソーシングに関する諸メリットについて説明いたします。 アウトソーシングのメリット 自社の中心業務に集中を注げること 企業は利益を確保できるように、長所である本業を中心にして発展させるべきです。しかし、競争がますます激励になっている背景で、本業の他に、副業や新案件にチャレンジすることが大事のではないでしょうか。ただ、新たな案件を実施するために、人材、物件などは不可欠な要素だと言われています。 第三者に単純作業などの一部の業務をアウトソーシングすることで、 ・新規事業や新しい企画など、社内全体が企業成長へと繋がる取り組みに集中できるよう環境を一気に整備することができます。 ・自社では弱い分野にも人件費を投資せずに取り組むことができる コスト削減  生き残れるように、各企業の競争が進んでいる背景の中に、品質とコスト削減の裏表を平行に確保できる企業は自分の競争力が上昇できると思われています。 アウトソーシングに関するサビ―スコストは企業における仕組み設立の必要なコストに比べると、はるかに下回ります。なぜかと言うと、例として自社でシステム開発だったら、社員に年金や所得税や保険金、福利厚生費などの手当てを一部負担しなくてはいけないのためです。一方、アウトソーシング形式では社外から生産に必要な部品・製品を調達したり、業務の一部を一括して他企業に請け負わせるので、人材採用や社員の教育コストなどを大幅に抑えられるかも知れません。他に、年金や保険金や福利厚生金などの費用が大分削減できるはずです。 仕事の効率化・スピード・品質のアップ アウトソーシングで外部の専門家リソースを活用することができます。アウトソースを行えば、新たなルールに適応した煩雑な事務を専門の外部企業に任せることができます。改定に伴う混乱を回避でき、スピードや品質が確保されるのではないでしょうか。専門化したアウトソーサーは、その分野のプロといってもさしつかえないでしょう。専門化した人材の仕事は、素人よりも効率的です。社員数人で行うところを、アウトソーサー側は一人で処理できることもしばしばです。 スピードも違います。社員が1週間かかる仕事を数時間で仕上げたりしま  す。専門特化することで、コツがわかり、リスクを回避し、最短で仕事を仕上げるすべを心得ているのです。 外部の高い知見や技術力を活用できます。例えばシステム開発はその手法が品質に大きく関わりますから、各社は種々の目的に適合するよりよい手法を開発し競争しています。アウトソーシングによって、それらの外部の専門家の知見と手法を取り入れた開発を行うことができます。 優秀な人材の確保が難しくても、外部のスキルの高い専門家に依頼でき、クオリティを損ないません。 専門知識や経験を持つアウトソーサーとの提携により最新の知識とスキルを保ち、「コアコンピタンス=他社の追従を許さない優れた能力」の強化に繋がります。 属人化の防止 業務が特定の誰かにしか分からない状態を回避し、業務量や責任の分散を回すことができます。   […]

  • 2019.07.09

なぜベトナムにおけるオフショア開発を実施すべきでしょうか。

IT分野で活用している会社なら、オフショア開発という言葉を耳にしたことがあるでしょう。フショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、また今流行のスマホアプリ開発、Facebookアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。オフショア開発に関するメリット、課題、失敗する理由、オフショア開発が行われる傾向や背景についての内容のある記事が多いと思っています。そのため、今回の記事ではオフショア開発に関するソフトウェア開発会社の目線として、ベトナムにおけるオフショア開発のチャンス、メリットについて総括的に紹介させていただきます。ベトナムへのオフショア開発願望のある会社をはじめ、IT分野で活動している会社に役立つ参考資料になることを期待しております。 本記事には主な2つの部分に分かれています。 IT日本会社の困難及びオフショア開発形式を選ぶべき理由 現在、日本の少子高齢化速度が進んでいる背景の中で、IT人材をはじめ、人材不足状況が深刻になってきます。日本の経済産業省による調査では2015年の時点で17万人の人材不足となっています。2030年まで、人材不足の規模が約40から80万人になると予測されております。つまり、近い将来、各日本会社のエンジニア採用が様々な困難に直面すると見込みです。対策は急務となっています。  また、日本人エンジニアの人件費が他の国に比べると、とても高いレベルにあります。一方、最大限までコスト削減に取り組むのはほとんどの会社の傾向と経営運営方向となっています。その背景にして、日本会社を含む多くの外国企業は安い人件費のある外国市場を積極的に探しがちです。  そのほかに、アプリやシステム開発における願望、アイデアがありますが、ソフトウェア開発の経験がありません。また、もともとシステムがありますが、より高い品質のあるシステム開発やシステムに新たなテクノロジーを導入する願望がありますが、システム開発のための技能がある人材不足やどこから進めば効率性を確保できるか把握できませんという状況に陥っています。  中小企業やスタートアップをはじめ、多くの会社は一日も早くシステム、ソフトウェアを開発したがります。しかし、ソフトウェア、システム開発における経験が不十分なので、どのように開発プロジェックトを展開し、実施するのかはっきり把握しない状況に直面しているはずです。  上記のような困難や課題はオフショア開発形式で打開できませんか。答えはオフショア開発の概要について詳細的に調べれ、ハッキリと把握できれば、「イエス」と言えます。  オフショア開発で日本企業はコスト削減、リソ―スの確保、短期納品といった三つの目標を解決できます。具体的には: コスト削減:  日本と比べて人件費や事業コストの安い海外の企業・人材を活用することで開発コストを大幅に削減できます。高騰する日本人エンジニアに比べ、海外のエンジニアは人件費が抑えられる傾向にあります。開発費用はエンジニアの人件費に拠るところも大きく、コスト削減が実現できるというわけです。一方、エンジニアのスキルは日本と変えずに、オフショア開発先の外国では人件費が安くなるケースが多くあります。特にベトナムオフショア開発は中国やインドと比較してエンジニアの人月単価が安い傾向にあります。 優秀なエンジニア確保:  日本は現在IT技術者(エンジニア)が不足しており、オフショア開発先の海外では大量に実力のある優秀なエンジニアの確保ができる点も大きなメリットとなっています。また、大規模の開発にも対応できる開発会社もあります。 短納期:  スピードが求められるようになった近年、低コストの人件費で大量に優秀な人材を確保していくことなどで短い納期で納品することもできます。また、海外市場を視野に入れた開発や開発スキームの確立も期待できます。 以上はオフショア開発について総括的にご紹介いたしました。オフショア開発の案件を展開するための地域や国と言えば、従来から人件費が安く、日本語対応可能のある技能者が多い中国やIT分野に最強国であるインドを挙げられます。しかし、潜在性が溢れる魅力的なベトナムでオフショア開発案件を実施すれば、多くのチャンスとともに新たなチャレンジを収穫できると思っています。 今まで、開発コストが安いというイメージが先行しているベトナムにおけるオフショア開発ですが、ベトナムにおいてはコスト削減以外に様々なメリットがあります。 ベトナムにおけるオフショア開発メリット 国家的魅力 親日国  日本の文化はこの数十年、ベトナムの若者に非常に強い影響を与えています。多くのベトナム人の若者は漫画、アニメなどの日本の文化や日本のことに興味を持つようになっています。二カ国の相互理解がますます深まっていくと言えるでしょう。 また、ベトナムは、他の新興国に比べると、治安が良くて、国民感情も親日で、テロなどの事件もあまり発生していないので、滞在して仕事するにあたっての安心感があるはずです。一方、日本人のようにほとんどのベトナム人は宗教がなく、日本料理店もだんだん多く出店されてきました。日本人プロジェックトマネジャーがベトナムに駐在する時、治安や食の心配もあまり必要がないと言えるでしょう。   成長率  ベトナムの成長率が近年高く、安定度を確保できると評価されています。情報技術分野の成長状況を別に見ると、ソフトウェア開発協会によると、2003年に比べると、2015年にベトナムの情報技術分野の成長速度は1000倍伸びました。2016年まで、情報技術分野の総売り上げは30億ドルに達しました。 ベトナムと日本の関係  2018年にベトナムと日本は外交関係樹立45周年記念式典を開催しました。現在、日越友好協力関係はますます新たなレベルに発展しています。情報技術分野をはじめ、全面における戦略的なパートナシップになっています。 政府の待遇制度 ベトナムでは外資企業のIT部門へ投資する案件に対する法人所得税(CIT)の減免.免税制度を実施しています。最初の4年間はCITが全額免除、その後なんと9年間も税額の50%が減額されます。オフショア開発を狙う企業にとって、これはかなり魅力的のではないでしょうか。さらに経済特区における案件については、インフラ開発に対する支援も行われます。代表的な支援には、技術的インフラの提供、住宅賃貸といったものが挙げられます。IT事業を展開するとなると、特殊なインフラ整備は必須なのでそこに対する支援が充実しているのも大きな魅力です。 人為的魅力 […]

  • 2019.07.09

だれでも知っておくべきオフショア開発に関する5つの根本的なこと

従来からオフショア開発に関する内容のある記事が多いでしょう。記事によっては異なる目線から読み手にオフショア開発について紹介してきました。一方、調べてみると、ほとんどの記事はオフショア開発のメッリトとデメリット、課題、動向やオフショア開発における失敗原因といった別項目に細かく分けて分析しがちです。そのため、今回の記事ではオフショア開発の分野で活動している会社の目線としてより新たな視点に基づいて、オフショア開発の願望がある際の理解する必要な知識を総括的にまとめ、説明させていただきます。弊社の記事は読み手に役立つ参考資料になれることを期待しております。  独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の調査結果によると、現在の時点でおよそ45,6%の日系企業はオフショア開発形式で案件を行っているということです。この十数年前に、オフショア開発を実施する企業はほとんど大手企業だが、現在多くの中小企業もオフショア開発形式を選択し、案件を実施するようになりました。 オフショア開発を成功に実施させるために、言うまでもなく、様々な要素が必要だと認識できるでしょう。しかも、何かのことを着手する前に、そもそもの本質を把握できるのは極めて大事なことです。そこで、オフショア開発を実施する前に、オフショア開発の特徴、性質やイメージなどをはっきりと理解できるのは必要不可欠なことだと思われています。本記事でこのような知識を総括的に言及したいです。まずはオフショア開発の概念です。 オフショア開発とは? オフショア開発という概念は近年多くの企業に対して身近なものになったはずでしょう。オフショア開発を陸地から海に吹く新たな風に例えれば、ビジネス分野でこれは海外市場への進出という意味です。簡単に言えば、オフショア開発とは海外でシステム開発を行うことを言います。情報技術分野でオフショア開発というものは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、また今流行りのスマホアプリ開発、Facebookアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことです。現在、欧米企業のオフショア開発というと、東欧や南米といったオフショア開発の地域としては注目を集めています。一方、日本企業のオフショア開発と言えば、やはりアジアで案件を実施することが圧倒的に占めていることが明らかになりました。 ところで、どうして受託開発形式、海外における会社創立などの他の開発形式を選ばずに、オフショア開発を選択し、実施すべきでしょうか。当然、理由があるわけです。そのため、これから、日本企業が直面しているかもしれない困難、悩みの分析結果を踏まえて、以下のように最も根本的な理由をご説明致します。オフショア開発のメリットについての納得を通じて、多くの人に従来から考え、決めつけられているネガティブなイメージをある程度薄められることを心より期待しております。 日本企業が抱えている問題、悩みとともにオフショア開発形式を選択すべき理由 日本企業が抱えている問題、悩み 人材不足 現在、日本の少子高齢化速度が進んでいる背景の中で、IT人材をはじめ、人材不足状況が深刻になってきます。日本の経済産業省による調査では2015年の時点で17万人の人材不足となっています。2030年まで、人材不足の規模が約40から80万人になると予測されております。一方、医学、教育などの他の分野においても情報技術導入を促進している傾向があります。人材不足なので、ITエンジニアをはじめ、エンジニア採用における競争が一段と激烈になるはずです。つまり、近い将来、日本会社のエンジニア採用が様々な困難に直面すると見込みです。対策は急務となっています。そのため、多くの企業がオフショア開発形式で外国人労働者に向かうのはますます注目を浴びています。 コストにおける問題 コスト削減がなかなか実現できないのは中小企業をはじめ、多くの日本企業が悩んでいる問題と言えるでしょう。オフショア開発単価の人件費の単純比較では、日本がもっとも高く、次いで中国、インド、ベトナム、フィリピン、ミャンマーと続きます。具体的な数字を挙げると日本の場合、開発要員6人として6ヶ月で2,880万円、中国だと同規模で1,080万円ぐらいという数字があります。ベトナムでもっと安いです。言い換えると、日本が一番高いということになります。どの国に開発を依頼するにしろ、日本よりはるかに安いことは一目瞭然です。高騰してくる日本人エンジニアの人件費によって、案件のコストを抑えることがさらに難しくなるわけです。一方、景気が引き続き不安定な状態になる背景でほとんどの会社のコスト競争がますます激しくなります。それで、打開策として、人件が安く、豊富な人材があるエリア、地域を探すのは共通傾向になったと言えます。 案件開発に関する問題 ・アプリやシステム開発における願望、アイデアがありますが、ソフトウェア開発の経験がありません。 ・システムに新たなテクノロジーを導入する願望がありますが、どこから進めば効率性を確保できるか把握できません。 ・中小企業やスタートアップをはじめ、多くの会社は一日も早く製品を開発したがります。しかし、ソフトウェア開発、システム開発における経験が不十分なので、どのように開発案件を展開し、実施するのかはっきり把握しない状況に直面しているでしょう。 時間削減 素早く海外の市場に進出する願望がありますが、進出したい国の行政手続きや複雑な法理的手続きにおける問題を抱えるはずでしょう。 上記は日本社会経済情勢の分析に基づくまとめられる日本企業が抱えているかもしれない大きいな4つの課題です。それでは、現在、お客様の貴社は上記のような悩みを抱えていませんか。こんなに悩みがある場合は、オフショア開発形式を考慮に入れるべきだと考えられています。なぜかと言うと、オフショア開発案件を徹底的に実施できる場合は上記のような困難をある程度打開できるはずだと言われています。実際に成功事例がかなり多いのではないでしょうか。 オフショア開発形式を選択すべき理由 コスト削減 日本と比べて人件費や事業コストの安い海外の企業・人材を活用することで開発総コストを大幅に削減できるはずです。高騰する日本人エンジニアに比べ、海外のエンジニアは人件費が抑えられる傾向にあります。開発費用はエンジニアの人件費に拠るところも大きく、コスト削減が実現できるというわけです。具体的にはプログラマーの人月単価を比較してみると、中国が25万円~35万円、ベトナムが25万円前後、 インドが30万円前後、 フィリピンが20万円~25万円、タイが25万円~30万円となっています。言い換えると、海外でのオフショア開発でコスト削減できるのは確かの物と言えるでしょう。一方、エンジニアのスキルが日本と変えずに、オフショア開発先の外国では人件費が安くなるケースが多くあるのは事実です。 日本のIT人材不足という状況の解消及び優秀なエンジニア確保     日本は現在IT技術者(エンジニア)が不足しており、オフショア開発先の海外では大量に実力のある優秀なエンジニアの確保ができる点も大きなメリットとなっています。大規模の開発にも対応できる開発会社もあります。一方、現在、ベトナムをはじめ、タイ、ミャンマーなどの東南アジアで情報技術教育を積極的に促進しています。同時に情報技術の強化は長期的な国家発展戦略になります。そのため、このような国でオフショア開発を実施すれば、日本で必ず益々深刻になっている人材不足問題をある程度解消できないわけがないでしょう。 ラボ型開発に踏み込みやすいこと オフショア開発におけるラボ型契約で自分の会社の社員として定期間で開発チームを確保できます。また、案件の規模によって、短期間で人材調達、開発チームへの人材捕捉がより簡単になるはずです。 一方、普通システム開発では案件または案件のフェイズごとにITエンジニアを集めて、案件が終わればリリースということが多いです。案件に応じるエンジニア数しか集めないと言う案件の実施方でとりあえず全体コストを削減できるにもかかわらず、かえってせっかく採用した優秀なエンジニアに契約を終了するのは本当に手間がかかるし、勿体ないことになってしまうのではないでしょうか。一方、次の案件が始まって、人材採用の要望があるのに、声をかけた時には他社の案件で活躍中という事態になってしまうかもしれません。結局は安定的に人材確保が難しくなる状況に陥るはずです。しかし、上記のようにオフショア開発におけるラボ型契約で柔軟的にシステム開発を実施できるし、案件の実施期間の間で必要な人材を当然確保できるわけです。 短納期 […]

新着カテゴリー記事